人気ブログランキング | 話題のタグを見る

例会報告

市ケ原から再度公園へ

日時=12月17日
天気=曇り後小雪
参加者=CL T yamada M teruko Takamatu Sakae 4名

かなり厳しい寒さの予報のなか参加者は元気に新神戸を出発。
思ったより寒くはないが、誰にも出会わない
市ケ原から再度公園へ_c0218841_2293643.jpg


道にも氷が張っているよ
市ケ原から再度公園へ_c0218841_2210198.jpg


再度公園 温かいネパールテイで乾杯
市ケ原から再度公園へ_c0218841_22103241.jpg


4人で霜柱の感触を体験!!
市ケ原から再度公園へ_c0218841_22122412.jpg


いつもここを通る山行の時一度入ってみたかったレストランへ。
市ケ原から再度公園へ_c0218841_9575868.jpg


名残りの紅葉はまだまだ楽しめた。
市ケ原から再度公園へ_c0218841_13411653.jpg




# by manaty078 | 2014-12-18 22:12

納山祭

日時=12月7日(日)
天候=晴れ
場所=烏原貯水池周辺
参加者=会員20名 一般1名
納山祭_c0218841_177776.jpg

目的地はまだまだ遠いのかな?

納山祭_c0218841_1114301.jpg

ホットワインの仕上がりはどう?

納山祭_c0218841_11145547.jpg

粕汁、豚汁どっちでしょう 

納山祭_c0218841_11152984.jpg

記念写真撮影前の満足顔

毎年恒例の納山祭は台風被害で有馬温泉から紅葉谷コースの清掃ハイクが出来ないため、今年初めて烏原貯水池周辺で清掃作業をした後、鍋を囲み楽しいひと時をすごしました。
それぞれ、来年の目標と抱負を話し合い,散会しました。



# by manaty078 | 2014-12-08 17:12

横尾山ののじぎくを観に行こう!    「自然観察会」

日時=11月23日
天気=晴れ
参加者=Lsakae SLtakamatu orito minki nakao toda m kanemasu harano (8名)
コースタイム=山陽塩屋9:00~旗振山10:00~おらが山10:30~のじぎくの丘11:15

お天気に恵まれ、塩谷から旗振山までの道をゆっくり歩く。
旗振山では少し汗ばむ位だった。旗振山でトイレ休憩した後、佐川光男さんと遭遇。一緒に記念写真におさまってもらいました。
横尾山ののじぎくを観に行こう!    「自然観察会」_c0218841_1522863.jpg


高倉台の住宅街で見つけた蔦の紅葉
横尾山ののじぎくを観に行こう!    「自然観察会」_c0218841_15212990.jpg


まだまだ見ごたえのあったのじぎくの群生
横尾山ののじぎくを観に行こう!    「自然観察会」_c0218841_15225827.jpg


夏の夜には10時過ぎから姫ボタル乱舞するストリート
横尾山ののじぎくを観に行こう!    「自然観察会」_c0218841_15253866.jpg


この森を訪れる人にゆっくりした時間をすごしてもらいたいとハンモックを張っています。
横尾山ののじぎくを観に行こう!    「自然観察会」_c0218841_15263292.jpg


炭焼き窯の跡
横尾山ののじぎくを観に行こう!    「自然観察会」_c0218841_15265011.jpg

横尾山ののじぎくを観に行こう!    「自然観察会」_c0218841_15285617.jpg


のじぎくの里の話よく聞いていましたが、実際に行って見て綺麗に咲いているのには
びっくりしました。
ここまでになるには、大変なご苦労があったそうです。
飽きる事もなく歩くことが出来、ハンモックは最高、ゆっくり本を読んだりお昼寝など
楽しめると思いました。
何度も行って見たい所でした。



# by manaty078 | 2014-12-01 16:21

四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート2

2日目の報告です。
宿を車で出発。宿から登山口に近い林道は、先の水害で通れなくなっているそうで、いやしの温泉郷の方から登山口への林道に入る。林道を30分ほどで登山口に到着。サア出発ダ~
四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート2_c0218841_14402974.jpg

ブナの自然林の中を進む。紅(黄)葉が進んでいて綺麗。
四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート2_c0218841_14425898.jpg
 
笹原に入ると急に視界が開け山並みが広がりすがすがしい。
四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート2_c0218841_14463792.jpg

天狗峠到着。ここから天狗塚山頂は近い。コメツツジの紅葉は残念ながら終わってました。
四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート2_c0218841_1448551.jpg

天狗塚が目の前に! 円錐型の独特の形をして突き出しているのが面白い。
四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート2_c0218841_14525958.jpg

やった~ 頂上だ! 快晴で360度遮るものもなくスッキリとみえる。
四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート2_c0218841_14563713.jpg

三嶺、次郎岌、剣山もよく見える。
四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート2_c0218841_1459692.jpg

みんな元気に頂上に立ちました。
四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート2_c0218841_1502454.jpg




# by manaty078 | 2014-11-03 15:06

四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート1

             四国の山 『古民家と天狗塚1812m』

日時  : 2014・10月16日~17日
天気  : 両日共快晴
参加者 : L.Hirano SL.Sakae Miwa Nakamura Shimamura
コース : 1日目 板宿=淡路徳島道=美馬インター=二重カズラ橋=かかしの里=祖谷八景(泊)
      2日目  祖谷八景=天狗塚登山口~天狗峠~天狗塚頂上~天狗塚登山口=板宿

今回は1日目の報告です。 
順調に走り、美馬インターを下り、剣山の方向に南下。標高が上がるにつれて少しずつ紅葉のきざしが!
剣山が見え出した! 紅葉も進んで来ている。
四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート1_c0218841_11593445.jpg

奥祖谷の二重かずら橋 男橋と女橋と2本かかっている。画像は男橋の方で高い位置にかかっている。
四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート1_c0218841_1223894.jpg

渓流がきれい。ツルリンドウが実を付けている
四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート1_c0218841_1265186.jpg

四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート1_c0218841_1273696.jpg

かかしの里 結婚式もありました。
四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート1_c0218841_1291681.jpg

四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート1_c0218841_12102625.jpg

宿の目の前に平家の落人伝説の里、落合集落があります。
四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート1_c0218841_12125342.jpg

囲炉裏には火が入っていてやまめの塩焼きや郷土鍋で乾杯です。
四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート1_c0218841_12155258.jpg

四国の山『古民家と天狗塚1812m』パート1_c0218841_12172428.jpg




# by manaty078 | 2014-11-02 12:24

西神戸山の会 例会報告
by manaty078

以前の記事

2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

最新の記事

ファン

ブログジャンル