人気ブログランキング | 話題のタグを見る

例会報告

鬼ヶ島・マザーツリー

実施日:2021年3月27日(土) 晴れ
参加者:CL:Sa.Yok SL:K.Miy S.Tak Y.Sak M.Nis K.Nis C.Yos S.Ham N.Fuj Y.Nis 10名(一般1名)
コース:有馬口駅9:00 登り口9:30 マザーツリー10:15 鬼ヶ島10:25 水無山10:50 高尾山11:25ランチ12:00 
極楽茶屋跡13:35 六甲ガーデンテラス14:10(油こぶし)六甲ケーブル下16;20

お天気に恵まれました。12月鬼ヶ島例会に参加が叶わなかった方・リベンジに燃える方・初めての方等、それぞれの気持ちを胸に有馬口駅に集合。地図でコースを確認して出発です。30分で登り口に到着、いきなりの登りです。
                         
鬼ヶ島・マザーツリー_c0218841_21281306.jpg
適度な休憩をとりながら、たどり着いたマザーツリーです。ゆっくりアカガシの大木に触れたり・手をかざして目を閉じたり・自然を身近に感じられる瞬間です。
鬼ヶ島・マザーツリー_c0218841_21344651.jpg
山裾からあちこちにキブシの木が目につきます。かんざしのようで可愛いです。今が咲き時です。
鬼ヶ島・マザーツリー_c0218841_21391182.jpg
鬼ヶ島に到着。鬼さんと一緒に大笑い!
鬼ヶ島・マザーツリー_c0218841_21360769.jpg
急な下りが続きます。でも風が気持ちいいね! タムシバの白い花が満開です。花びら拾って嚙むとほのかに甘い! 
鬼ヶ島・マザーツリー_c0218841_21374804.jpg
水無山649m ここもプレートが新しくなっています。
鬼ヶ島・マザーツリー_c0218841_21364344.jpg
そろそろ空腹。高尾山はもうすぐです。
鬼ヶ島・マザーツリー_c0218841_21370520.jpg
高尾山739mでランチタイムです。 地図を出して摩耶山と背競べ、どちらが高いでしょう? 驚きました。
鬼ヶ島・マザーツリー_c0218841_21371362.jpg
ここから長い番匠屋畑尾根をアップダウン開始、エネルギーがチャージされ、元気に進みます。
鬼ヶ島・マザーツリー_c0218841_21375194.jpg
皆さん、花や木に興味があり写真を撮ったり、匂ったり、知ってることを言ったり試したりました。シキミの葉は折るといい香りです。
鬼ヶ島・マザーツリー_c0218841_21390746.jpg
ヒサカキの花は、都市ガスのにおい 本当!
鬼ヶ島・マザーツリー_c0218841_21390400.jpg
クロモジが両側に続く道、まだ蕾が多いから、一斉に咲いたら壮観でしょうね。                      
                       
鬼ヶ島・マザーツリー_c0218841_21391707.jpg
裏六甲ですれ違ったのは1人だけでした。静かでいいものです。
極楽茶屋跡からは、ずっと展望がよく清々しい気分になりました。野イチゴの白い花が一面に咲いているところも通りました。
                         
鬼ヶ島・マザーツリー_c0218841_21392607.jpg
タチツボスミレがここにもあそこにも、油こぶしを下山しました。
鬼ヶ島・マザーツリー_c0218841_21392005.jpg
ヤマザクラもソメイヨシノも開花しており、山でも下山してからもお花見ができました。幸せな気分で六甲ケーブル下駅に到着、解散しました。
鬼ヶ島・マザーツリー_c0218841_21392904.jpg
ゆっくりと、花や樹木に関心を持って歩くのは、楽しかったです。鳥がさえずり、30mもありそうな大木を見上げたり、五感が刺激されました。季節が変わったら又歩きたいコースになりました。楽しい時間を共有出来ました。

報告 Sa.Yok
写真 K.Miy&S.Ham&Sa.Yok











# by manaty078 | 2021-03-28 00:11

丹波篠山『金山』と春の妖精

実施日:2021年3月22日(月)晴れ時々曇り 風強し
参加者:CL:F Yam, SL:N Kin, K Hir , F Miz, Y Yab, Sa Yok ,K Sak, M Nak, M Yam, K Kan, T Saz, S Sim, Y Sak 合計13名
コース: 名谷・西神中央駅9:00~道の駅みき9:30~金山登山口p11:20~大乗寺合流点12:05~金山山頂12:20~鬼の架け橋12:50~大乗寺分岐点13:10~追手神社14:10春の妖精撮影会~登山口P15:00

前日は雨と突風でどうなるかと心配でしたが、雨も上がり曇り空ながら予定通り集合、出発しましたが、途中、道迷いで到着が遅れました。
今回も二班に別れて、ソーシャルディスタンスを取りマスク着用で歩きます。
丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_14082831.jpg
登山口の追入神社 金山登山者用の駐車場は追入神社から北へ500mの所に新たに設置されていました。(看板あり)

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_14084519.jpg
登山道にある巨木。とても印象的です。

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_14085695.jpg
石の鳥居をくぐると鹿除け扉があります。 石の鳥居、上部が割れて危険なので早く通り過ぎましょう~

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_14090762.jpg
大山荘が見渡せます。

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_14091806.jpg
大乗寺への分岐点

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_14094992.jpg
園林寺(おんりんじ)跡地 日蓮宗円光寺の末寺として『園林寺』がありました。ここを過ぎると金山城馬場跡等があります

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_14100774.jpg
ここから直進して金山山頂に向かいます。

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_14102107.jpg
金山山頂『金山城跡本丸』去年はNHK大河ドラマ『麒麟が来る』で注目され地域の方々が手入れされていたようです

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_14103205.jpg
山頂広場から黒井城跡が見渡せます。展望の良い所です。ここで昼食ですが、風が強くとても寒いので早々と鬼の架け橋に移動しました。

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_14105633.jpg
横から見た鬼の架け橋

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_14124076.jpg
ここで班に別れて架け橋を持ち上げます。かるい~かるい~

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_14122476.jpg
皆さん力持ち揃いです

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_14135207.jpg
大乗寺山門を通過すると春の花が咲き、気持ちの良い道です。今から春の妖精を見に行きます。

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_15053011.jpg
途中の大乗寺の桜の古木が大きな枝を広げていました。とても大きくて桜が咲くころに見てみたいものです。

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_15055391.jpg
日本一のモミと言われる『追手神社の千年モミ』です。幹回り7.8m 樹高34m、樹齢推定1000年
この大きさは写真では表せません、気になる方は是非行ってみて下さい。

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_15043489.png
スタート地点が金山登山者用、駐車場です
丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_15041069.jpg
春の妖精達 キクザキイチゲ・エンゴサク・ユキワリイチゲ・ヒロハノアマナ・ニリンソウ・アズマイチゲ

丹波篠山『金山』と春の妖精_c0218841_15270225.jpg
シキミの花・黄花のミツマタ・赤花のミツマタ・リュウキンカ・スミレ

寒い一日でしたが、鬼の架け橋で架け橋を持ち上げ、里に下りてから春の妖精を楽しんだ一日でした。
まったり、ゆっくりハイキングも良いもんです

投稿者 F Yam




# by manaty078 | 2021-03-23 15:32

神鉄五社駅~高丸山~落葉山~神鉄有馬温泉駅

実施日:2021年3月20日(土)曇り
参加者:14名 
CL:S.Miw SL:N.Tak M.Nak M.Kan S.Yok K.Miy Y.San S.Ike M.Ike Win.O A.Tor N.Fuj M.Kat S.Sim
コース:神鉄五社駅(9:30)~高丸山(11:05/11:15)~落葉山麓(12:03/12:25)~落葉山西峰(12:55)
~落葉山北西峰(13:15)~神鉄有馬温泉駅(14:00)
登山客の少ない山なので、班分けをせず適宜前後の間隔を取りながら出発。五社駅から数分で登山口に到着。足場の悪い急登、急降下を数回繰り返し高丸山山頂(標高508m)に到着しました。地元の親子連れが十数名、展望を楽しんでいます。私達もしばし休憩、北神戸の山の展望を楽しみ急降下の山道を慎重に下山。神鉄有馬線のトンネルを抜け、有馬街道沿いに暫く歩き、有馬街道を横断、山道に入る。この山行唯一の難所(崩落箇所)も無事通過。落葉山の麓に到着、雲行きが怪しくなってきたので短時間の昼食タイム。落葉山西峰(標高523m) から北西峰(標高526m)へ、ここのベンチで一息つき有馬温泉へ下山。高丸山はアップダウンがあり、当山行以外にも多数のルートがあり興味深い山です。
神鉄五社駅~高丸山~落葉山~神鉄有馬温泉駅_c0218841_13221421.jpg
高丸山登山口

神鉄五社駅~高丸山~落葉山~神鉄有馬温泉駅_c0218841_13242568.jpg
高丸山急登の始まり

神鉄五社駅~高丸山~落葉山~神鉄有馬温泉駅_c0218841_13254335.jpg
高丸山第1ピークにある祠

神鉄五社駅~高丸山~落葉山~神鉄有馬温泉駅_c0218841_13263865.jpg
コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)

神鉄五社駅~高丸山~落葉山~神鉄有馬温泉駅_c0218841_13284403.jpg
アセビ(馬酔木)

神鉄五社駅~高丸山~落葉山~神鉄有馬温泉駅_c0218841_13294805.jpg
高丸山山頂標識(標高508m)

神鉄五社駅~高丸山~落葉山~神鉄有馬温泉駅_c0218841_13304634.jpg
高丸山山頂でひと休み

神鉄五社駅~高丸山~落葉山~神鉄有馬温泉駅_c0218841_13322462.jpg
落葉山麓で昼食
この後、落葉山西峰~落葉山北西峰~有馬温泉街へ
作成:Win.O





# by manaty078 | 2021-03-21 13:53

観音山&ごろごろ岳

【実施日】2021年3月16日(火) 曇り
【参加者】CL;Ori、SL;Nag、S.Tak、K.Oht、Miw、San 計6名
【コースとタイム】甲陽園駅9:40~北山公園南東口9:55~北山貯水池11:00~鷲林寺11:40~11:55パノラマコース見晴場12:25~観音山12:45~ごろごろ岳13:45~柿谷コース芦屋ゲート分岐14:05~前山公園上のタンク15:20~15:45芦屋川駅
【概要】天気予報では一時小雨でしたが、実施しました。NagさんにSLレビューを頼み、出発しました。鷲林寺~観音山には4コース有りますが、中級のパノラマコースを登りました。途中コンパスの使用練習を交え、ゴロゴロ岳の云われなどに話の花を咲かせながら歩きました。その陽気に誘われたのか夙川桜の開花,シダレザクラの咲き染め,多様なツツジの花も目にしました。幸い雨具装着の雨には合わず足並み良く下山に、バス利用はせず「前山公園遊歩道コース」を歩き下りました。バス代が浮いた分は三宮で・・(Ori)
観音山&ごろごろ岳_c0218841_21061849.jpg
夙川駅ホーム脇の夙川の桜の木には数輪の花が!「開花宣言」をしました。
観音山&ごろごろ岳_c0218841_08110938.jpg
北山公園内の三連ため池を眺める。
観音山&ごろごろ岳_c0218841_21093311.jpg
以前から気になっていたこの岩の模様、どのようにして出来たのでしょう?
観音山&ごろごろ岳_c0218841_21114640.jpg
北山貯水池のシダレ桜は「咲き染め」ていました。
観音山&ごろごろ岳_c0218841_21141074.jpg
パノラマコースをよじ登り、甲山などを眺めて昼食を摂りました。
観音山&ごろごろ岳_c0218841_08114742.jpg
観音山にて「ハイ!ピース!!」
観音山&ごろごろ岳_c0218841_21170688.jpg
熱心にコンパスの使い方練習。指差しさんは「ドウかな?コウかな!」
観音山&ごろごろ岳_c0218841_21164282.jpg
ゴロゴロ岳(標高565.6m)にて。
観音山&ごろごろ岳_c0218841_08465397.jpg
「こちらのコースがお勧めですヨ~」
観音山&ごろごろ岳_c0218841_21231982.jpg
巨石の切り出し跡が至る所に在りました。
観音山&ごろごろ岳_c0218841_21263273.jpg
「わー!ツツジがきれい!!」
観音山&ごろごろ岳_c0218841_21261411.jpg
オレンジ色のつつじも見掛けました。




# by manaty078 | 2021-03-17 08:43

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』

実施日:2021年3月8日(月) 曇りのち晴れ
参加者:10名 CL:Kin SL:S.Kot Ma.Yam Y.Sakm M.Nak Saz Ku.Kan Shim Visitors:Y.Nisy Ter
コース:9:50塩屋駅 10:40須磨浦山上公園 11:10旗振り山 11:40鉄拐山 12:00おらが山(昼食) 12:50文太郎道 13:20栂尾山 13:50横尾山 14:40東山 16:00板宿

 心配された天気も好転し、一般参加のお二人が入会を表明されたこともあり、一同意気揚々と須磨浦山上公園を目指しました。公園施設はまだ閉鎖中ですが、梅林へは自由に立ち入ることができ、普段は素通りするところをじっくりと楽しむことができました。

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11215403.jpg
梅林からの明石海峡大橋です  家島や小豆島もくっきりと見えました

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11294077.jpg
みごとな梅に時間がたつのを忘れそうになりますがまだ先は長いので前進します

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11262728.jpg
梅と景色を楽しんだ後は草花を探します

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11282064.jpg
春ですね

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11274987.jpg
アップにします

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11314390.jpg
春ですね

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11320845.jpg
頑張って鉄拐山に登って記念撮影

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11332803.jpg
おらが山で昼食  うぐいすの初鳴き(?)を聞くことができました

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11343947.jpg
400段階段を避けて文太郎道を登ります 半数以上の人が初挑戦でしたが見事に登り切りました

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11360292.jpg
栂尾山で休憩中、希望者だけ頂上直下の岩場で三点支持の練習 全員スイスイ登りました 今度は下りにも挑戦しましょう

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11381655.jpg
横尾山到着 少し疲れが見えますがまだまだ大丈夫

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11390272.jpg
馬の背手前の岩場です 少し風が出てきました

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11395695.jpg
東山ではメジロのお出迎え

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11452759.jpg
八幡神社手前の河津桜は満開 おまけにメジロが目白押し

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11471386.jpg
アップでとらえました

梅と河津桜を見に行こう『塩屋から板宿』_c0218841_11480484.jpg
名残は尽きませんがそろそろ下山時刻です

 梅と桜をたっぷり楽しみ、結構きついコースも制覇し、仲間も増え、いいことづくめの例会でした。コロナ禍はまだまだ続きますが、対策をしっかりして、今後も多くの例会が企画されています。皆さんの参加をお待ちしています。

Posted by S.Kot
 






# by manaty078 | 2021-03-09 11:53

西神戸山の会 例会報告
by manaty078
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2021年 10月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

最新の記事

ファン

ブログジャンル