人気ブログランキング | 話題のタグを見る

例会報告

旧全縦路&より高き尾根の踏み跡を辿る 塩屋~高取山

【実施日】2022年4月17日(日) 晴れ
【参加者】CL;Ori SL;Kur M.Yam,Kit (4名)
【コース】塩屋8:50~旗振山9:50~鉄枴山10:10~高倉台10:45~栂尾山11:25~12:20東山12:45~十時会広場13:15~萩の寺14:00~荒熊神社14:50~高取山最高点15:00~15:50板宿
【概要】以前に全縦路として使われていた塩屋~旗振山,文太郎尾根,禅昌寺西尾根,萩の寺尾根を辿ると共に、旗振山~おらが山間の全縦路脇のより高き尾根の踏み跡を辿る計画の基に出発しました。
天候は幸いに数日前の暖気は収まり、澄み切った晴天の下の絶好の縦走日和で、良い例会の実施の期待を抱き出発をしました。
しかし、下見時には通過できていた禅昌寺西尾根は「通行止め」となっており、他のルートに切り替えて萩の寺を目指す事としました。 (Ori)
旧全縦路&より高き尾根の踏み跡を辿る 塩屋~高取山_c0218841_09222892.jpg
参加連絡者が揃った処で山電塩屋駅を出発。毘沙門堂に導かれ15分歩くと、かつての全縦出発点です。
旧全縦路&より高き尾根の踏み跡を辿る 塩屋~高取山_c0218841_09224880.jpg
途中で出会った元神戸労山の女性(今回参加女性とも知り合い)と旗振山まで同行する。
旧全縦路&より高き尾根の踏み跡を辿る 塩屋~高取山_c0218841_09231595.jpg
もちろん、鉄枴山にも登り立ちました。
旧全縦路&より高き尾根の踏み跡を辿る 塩屋~高取山_c0218841_09233824.jpg
旗振山~おらが山間の縦走路脇のより高き尾根の踏み跡5ヶ所を辿りました。
旧全縦路&より高き尾根の踏み跡を辿る 塩屋~高取山_c0218841_09240976.jpg
おらが山からは正規の全縦コースである東階段を下りました。
旧全縦路&より高き尾根の踏み跡を辿る 塩屋~高取山_c0218841_09243540.jpg
文太郎尾根には新しいい名板が加わっていました。
旧全縦路&より高き尾根の踏み跡を辿る 塩屋~高取山_c0218841_09245741.jpg
馬の背にての参加4名。
旧全縦路&より高き尾根の踏み跡を辿る 塩屋~高取山_c0218841_09251736.jpg
馬の背を危なげなく通過しました。
旧全縦路&より高き尾根の踏み跡を辿る 塩屋~高取山_c0218841_09254017.jpg
十時会広場部の「六甲山系登山詳細図」記載の『禅昌寺ルート』は入口で通行止めとなっており、メンバーと相談してかつて歩いたことのある『口ノ川ルート』にて萩の寺を目指しました。しかし、うるおぼえのため下山は「口ノ川」ではなく「明神町5丁目」でした。
旧全縦路&より高き尾根の踏み跡を辿る 塩屋~高取山_c0218841_09260666.jpg
禅昌寺ルート下山点の北100m位の所に降り立ちましたので、バス道の歩道を萩の寺(明光寺)へと歩きました。
旧全縦路&より高き尾根の踏み跡を辿る 塩屋~高取山_c0218841_09263630.jpg
萩の寺尾根は神戸山手線や妙法寺,名谷の団地が見渡せる岩尾根です。
旧全縦路&より高き尾根の踏み跡を辿る 塩屋~高取山_c0218841_11474868.jpg

高取山の荒熊神社に約40分で登り着き、最終目的地の最高点を経て、神戸の山・街・海を堪能して板宿を目指して参詣道を下山しました。

【後記】十時会広場部で、歩くに従い体調が思悪しくない様子の1名の方がリタイアを決断されました。
下山後に無事に自宅の帰られた事を確認しました。今度は体調を整えられて共に歩きましょう。 (Ori)





# by manaty078 | 2022-04-18 10:26

初めてのノルディックウォーキング②

実施日:2022年4月16日(土)晴れ 
参加者:担当:F Yam,K Miy,N Kin,Sa Yok,K Sak,R Miu,H Kot,T Saz,K Nis,M Nak 計10名
コース : 多井畑厄神駐車場13:15、13:30奥須磨公園にて講習会 15:30解散
講 師 エヌウォーカー倶楽部 代表 藤川真司

第二回ノルディック ウォーキング講習会は今回も全国でも珍しいプロの指導者 エヌウォーカー倶楽部 代表 藤川真司さんに来て頂き、青空の下、参加者10名で行いました。八重桜、ヤマボウシ、ハナミズキ、ツツジが咲き始め、土曜日とあって沢山の家族連れで賑わっていました

初めてのノルディックウォーキング②_c0218841_20463835.jpg
まずは基本は足元の靴の履き方からです。靴紐をしっかり締めると足裏全体で歩くことが出来ます。準備体操で体を温め、ほぐしていきます。

初めてのノルディックウォーキング②_c0218841_20465065.jpg
歩くときの注意やポールを使う時のコツ等を教えて頂きます。

初めてのノルディックウォーキング②_c0218841_20470102.jpg
順番に歩いていきます。まだまだぎこちないですが、慣れてきます

初めてのノルディックウォーキング②_c0218841_20471412.jpg
新緑が綺麗ですねぇ~

初めてのノルディックウォーキング②_c0218841_20472141.jpg
藤の花が咲き始めてきました。先日まで桜が満開だったのに春は速足ですね

初めてのノルディックウォーキング②_c0218841_20473015.jpg
今日は青空が広がりとても気持ちの良いノルディック日和です

初めてのノルディックウォーキング②_c0218841_20474093.jpg
ここはどこ?って感じです。花菖蒲も咲き始めていました

初めてのノルディックウォーキング②_c0218841_20475303.jpg
ホタルカズラ

初めてのノルディックウォーキング②_c0218841_20480259.jpg
講師の藤川さんを囲んで今回の参加者で記念写真

以下は参加者の感想を抜粋しました。
・登り下りの歩き方は意識しないと歩きにくい。
・安定した歩き方が出来ました。
・歩き方を意識しなくなった。
・花を見たり、周囲を楽しんで良い感じに歩けた。
・歩くのに理論が要った。納得するまで少し時間が掛かった。
・意識しすぎると歩くのが難しい。
・推進力がつき、気持ちよく歩けた。姿勢も良くなった。ふわぁ~っとした感じで歩けた。
・意識しながら歩いていたが、最後は姿勢が良くなった。腰が伸びた。
・忘れないように普段から歩きたい。

初めてのノルデックウォーキングで歩き方を随分意識をされて、始めはぎこちない歩き方でしたが、終わり頃には随分慣れてとても綺麗に歩かれていました。
2回実施して概ね楽しい、歩きやすい、姿勢が良くなったとのご感想を頂きました。
これからも続けたいと思われた方や興味がある方は藤川さんのノルディックウォーキング講習に参加してください。ほぼ毎日どこかで歩かれています


報告 F Yam




# by manaty078 | 2022-04-16 21:29

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班

実施日 : 2022年4月13日(水) 曇り時々晴れ
参加者:桜街道班6名 CL:Hir , SL:T Yam, M Ike, Sima, Nak ,F Yam
コース: 高源寺・清水川のバイカモ・円通寺・水分れ公園

向山のヒカゲツツジを楽しむ登山班と別行動で撮影班は新緑の高源寺、清水川のバイカモ、円通寺の桜を楽しんできました。
向山に向かう登山班を見送り、高源寺へ車を走らせる

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11053920.jpg
高源寺は秋の紅葉の頃は大混雑する丹波市の人気のお寺です。今は新緑がまぶしい季節となりました。惣門の桜が見事です

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11061892.jpg
早々と高源寺で記念写真

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11063199.jpg
この新緑、とても気持ちが良い~

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11064690.jpg
山門をくぐると天目楓の新緑が美しい

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11074452.jpg
ヤマルリソウが咲いていました。ボタンのような可愛い花です

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11080437.jpg
新緑の中に多宝塔が顔をのぞかせています。

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11082373.jpg
天目楓の新緑と花

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11083729.jpg
少し移動して清水川のバイカモを見に行きます。

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11085184.jpg
バイカモ(梅花藻)は綺麗な水が流れている川に咲き、キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草の水草です

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11091064.jpg
円通寺に移動。こちらも丹波市の紅葉の名所です。

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11092559.jpg
紅葉の頃は真っ赤に染まりとっても綺麗です

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11094055.jpg
池に桜が映りこんでいます

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11095833.jpg
八重桜も見事です

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11101508.jpg
登山班が下山の頃になったので水分れ公園に移動。こちらもほぼ桜は終盤でしたが、八重桜が綺麗です

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11103457.jpg
登山班が無事下山してきました。今日は暑かったようです。お疲れ様でした。

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11110168.jpg
今回見た花です。左上からヤマブキ・ムラサキサギゴケ・キランソウ・カテンソウ

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫 その② 桜街道班_c0218841_11111621.jpg
左上からイチリンソウ・二ホンタンポポ・アケビ・ニリンソウ

登山班のレポはこちらから

登山班と桜街道班(撮影班)と別れての例会、これからも増えるかもしれませんね。

報告 F Yam




# by manaty078 | 2022-04-14 11:44

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫

実施日:2022年4月13日(水) 曇り時々晴れ
参加者:登山班8名  CL:S.Kot SL:Kur S.Ike Uem kin Yab Kit H.Kot
    桜街道班6名 CL:Hir SL:T.Yam M.Ike F.Yam Shim Nak
登山班コース:10:15観音堂登山口-10:45二の山-11:10三の山-11:50四の山-12:35向山頂上-13:40五の山-14:40珪石山-15:30水分れ公園登山口

 心配された天気も好転し、車3台、13名で名谷駅ロータリーを出発、現地集合の1名を加えて総勢14名の例会となりました。今回は登山班と高源寺の枝垂れ桜をはじめとする桜街道を楽しむ班の2班に分けるという趣向です。

 ヒカゲツツジの開花状況は?そして桜はまだ見ごろなのか?

 まずは登山班のレポートです。

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10152568.jpg
登り始めてすぐにコバノミツバツツジのお出迎え

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10172386.jpg
夏を思わせる暑さもなんのその

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10190324.jpg
コバノミツバツツジに癒されます

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10201448.jpg
岩座展望所から柏原町を望む

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10212787.jpg
登りがきつくなってきた

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10220224.jpg
顔を上げると待望のヒカゲツツジが!

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10225982.jpg
開花したばかりのみずみずしい花びら

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10240880.jpg
馬酔木も共演

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10244309.jpg
手前右の山頂は黒井城跡

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10292919.jpg
ヒカゲツツジのトンネルが始まる

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10300439.jpg
開花状況が心配でしたが皆さん心掛けが良かったのですね

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10330429.jpg
満喫します

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10345518.jpg
トンネル通過?

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10361836.jpg
こちらが本物のトンネル

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10365747.jpg
トンネルを抜けると・・・

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10375489.jpg
向山頂上です!

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10384205.jpg
黒井城が目の前です

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10392584.jpg
眺望を楽しみながら少し遅めの昼食

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10412405.jpg
五の山、蛙子峰、珪石山を経て激下りの始まり

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10442755.jpg
ポールとロープをうまく使って降りています

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10452183.jpg
さすが山の会です

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10462645.jpg
最後の難関を制して・・・

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10470250.jpg
水分れ公園に帰ってきました  八重桜が満開です

ヒカゲツツジの向山連山と桜の街道を満喫_c0218841_10495245.jpg
出迎えの花見班と合流です


こうして登山班はツツジを満喫、いい汗をかいて無事下山できました。

Posted by S.Kot






# by manaty078 | 2022-04-14 10:55

クリーンハイク&お花見

実施日:2022年4月10日(日) 晴れ
参加者13名:CL:T.Yam SL:K.Sak Shim Saz Miu Mat Sa.Yok Hor M.Yam Ku.Kan Kur Fuk S.Kot
コース:9:25山陽塩屋駅 -10:10須磨浦山上公園 -10:25旗振山 -11:10おらが山 - 12:00須磨寺公園(昼食)12:30解散 各コースに分かれて帰宅

4月上旬とは思えない暑さの中、クリーンハイクと少し遅い花見に出発です。


クリーンハイク&お花見_c0218841_17480238.jpg
塩屋からの登りはなかなかきつい

クリーンハイク&お花見_c0218841_17484725.jpg
普段は静かなヤマモモとカクレミノのコースも今日は大賑わい

クリーンハイク&お花見_c0218841_17492783.jpg
コバノミツバツツジが満開

クリーンハイク&お花見_c0218841_17495862.jpg
今日は珍しく男性が多い

クリーンハイク&お花見_c0218841_17503346.jpg
須磨浦山上公園の桜は満開だ

クリーンハイク&お花見_c0218841_17511355.jpg
鉄拐山への登りは右の道を選んでいる

クリーンハイク&お花見_c0218841_17520284.jpg
階段を避けている

クリーンハイク&お花見_c0218841_17522755.jpg
しかしこの道は意外ときついのだ  次は階段を利用しよう

クリーンハイク&お花見_c0218841_17530691.jpg
鉄拐山頂上で勢ぞろい

クリーンハイク&お花見_c0218841_17535994.jpg
ウバメガシの道を進む

クリーンハイク&お花見_c0218841_17591195.jpg
ゴミはほとんど落ちていない 時々誤って落としてしまったマスクなどがある

クリーンハイク&お花見_c0218841_18004003.jpg
おらが山で一休み

クリーンハイク&お花見_c0218841_18011047.jpg
よく手入れされたシバザクラとパンジーが美しい

クリーンハイク&お花見_c0218841_18020321.jpg
おらが山を下りてすぐに右折し、高倉台中学校方面に向かう

クリーンハイク&お花見_c0218841_18031818.jpg
こんなところにゴミが・・・

クリーンハイク&お花見_c0218841_18035758.jpg
須磨寺に到着  ここもすごい人出だ

クリーンハイク&お花見_c0218841_18083549.jpg
広々とした須磨寺公園で昼食 本来なら宴会で盛り上がったはず・・・でもリーダーがコーヒーのサービス!

クリーンハイク&お花見_c0218841_18105238.jpg
登山道のごみは少なく1キロぐらいかな・・・
食事後一応解散して、須磨寺駅から帰る人、板宿まで歩く人、そして須磨アルプスでトレーニング登山をする者と三者三様の帰宅となる

クリーンハイク&お花見_c0218841_18174743.jpg
おまけ・・・横尾山から来し方を眺める


 須磨近辺でのクリーンハイクもこれが最後になるのでしょうか。次は本来の紅葉谷で行う予定になっていますが・・・
 今日は快晴で夏を思わせる暑さでしたが水曜日から下り坂になる予報です。13日(水)の向山連山の例会が心配です。

Posted by S.Kot










# by manaty078 | 2022-04-10 18:25

西神戸山の会 例会報告
by manaty078
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

ファン

ブログジャンル