人気ブログランキング | 話題のタグを見る

例会報告

石楠花谷沢登り

実施日:2021年7月4日(日)  曇り
参加者8名:CL:Ka.Kan SL:Kat Goh M.Kan Sa.Yok K.Oht Ham S.Kot
コース:8:50神鉄大池駅発 9:30入渓 10:00ゴルジュ 10:40釜滝 12:10昼食 13:40ダイヤモンドポイント 14:15アイスロード 15:30ケーブル下駅着

待ちに待った例会の再開! 知る人ぞ知る難所石楠花谷は連日の雨で難易度がアップしており、トレーニング不足の身には不安がいっぱい。しかしそんなことはものともしないいずれ劣らぬ健脚自慢の方々、元気にいざ出発。


石楠花谷沢登り_c0218841_10294574.jpg
快調に進みます
 
石楠花谷沢登り_c0218841_10310996.jpg
新品の沢靴の人が多く、お試しも兼ねています

石楠花谷沢登り_c0218841_10322454.jpg
最初の難所です

石楠花谷沢登り_c0218841_10330272.jpg
これをクリアーして先に進みます

石楠花谷沢登り_c0218841_10343408.jpg
次なる難所はどうか? 4名がクリアー、4名がドボン しかし腰までなので危険はありません

石楠花谷沢登り_c0218841_10441235.jpg
ゴルジュは水量が多いので脇を登ります

石楠花谷沢登り_c0218841_10370620.jpg
巻き道からの下り これは怖い

石楠花谷沢登り_c0218841_10375870.jpg
慎重に降ります

石楠花谷沢登り_c0218841_10405896.jpg
しばらくは快適な沢歩きが続きます

石楠花谷沢登り_c0218841_10414480.jpg
最大の難所、釜滝です  
石楠花谷沢登り_c0218841_10514623.jpg
リーダーが工夫して何とか突破できないかと試みましたが勇気ある撤退となりました

石楠花谷沢登り_c0218841_10525930.jpg
ホッと一息 昼食休憩です

石楠花谷沢登り_c0218841_10545318.jpg
再び気持ちのいい沢歩きです 

石楠花谷沢登り_c0218841_10580374.jpg
ついに分岐点に出てきました

石楠花谷沢登り_c0218841_10585185.jpg
久しぶりのダイヤモンドポイントです

石楠花谷沢登り_c0218841_10593824.jpg
残念ながら眺望はありません

石楠花谷沢登り_c0218841_11001660.jpg
アジサイが美しい 明日の森林植物園のアジサイはさぞかし・・・と思ったのですが・・・

石楠花谷沢登り_c0218841_11020068.jpg
霧に煙る表六甲アイスロード

石楠花谷沢登り_c0218841_16521151.jpg
表六甲ドライブウェイに出てきました

石楠花谷沢登り_c0218841_11050656.jpg
新六甲大橋の下をくぐってケーブル下駅に到着です


厳しいコースでしたが、全員無事ゴールでき、例会再開を喜び合って帰途につきました。

Posted by S.Kot












# by manaty078 | 2021-07-05 11:08

転法輪寺・高塚山

【実施日】2021年4月18日(日) 晴れのち一時小雨
【参加者】CL;Ori、SL;Nak、Mi.Yam、San、Ma.Yam、Ham、Hor、Tor、Yos、M.Nis、K.Nis、Saz 12名
【タイム】9:55総合運動公園10:55~11:35転法輪寺12:15~12:55高塚山14:20
【概要】ボランティア団体で整備が行こなわれている高塚山、そこだけでは短時間の歩きになるので総合運動公園内の周遊と名谷町の古刹;転法輪寺を繰り込んで実施しました。
高塚山には展望地,大木,奇木,史跡,活動地点を縦横に歩き回れる遊歩道が設置されています。今回はそれらの主だった所を一筆書き歩きで案内をしました。
地下鉄沿線の方には簡単にアクセス出来る所ですので、備え付けの地図番号を辿って歩かれる事をお勧めいたします。 (Ori)
転法輪寺・高塚山_c0218841_12072896.jpg
中学生の陸上大会の観覧の人の後ろをコスモスの丘に向かいました。
転法輪寺・高塚山_c0218841_12134276.jpg
コスモスの丘に植えられていた菜の花は種を付けていましたが、藤の花の季節になっていました。
転法輪寺・高塚山_c0218841_12163549.jpg
総合運動公園の南端より神和台に向かう山道は整備がされています。
転法輪寺・高塚山_c0218841_12182186.jpg
転法輪寺で分散して昼食を摂り、写真時は集合しました。
転法輪寺・高塚山_c0218841_12195589.jpg
高塚山の南入り口は保育園左のトンネルです。
転法輪寺・高塚山_c0218841_12214351.jpg
緩やかな階段道を上がると南展望台、南の淡路島~東の高取山が望めます。
転法輪寺・高塚山_c0218841_12250191.jpg
高塚山には「徳川道」が通っており、北展望台へのメイーンルートとなっています。
転法輪寺・高塚山_c0218841_12271939.jpg
途中で遊歩道に入り、「二又親子の木」等の奇木などを眺めながら歩きました。
転法輪寺・高塚山_c0218841_12293670.jpg
この付近には多くの古墳がありましたが宅地開発で消滅しました。しかし高塚山には5基の存在しています(内4基は盗掘されています)。
転法輪寺・高塚山_c0218841_12332892.jpg
遊歩道脇に神戸層岩の転石に刻まれた仏像、「令和摩崖仏」と名付けました。
転法輪寺・高塚山_c0218841_12362146.jpg
陽だまりテラスより東方(右;髙取山~左奥;摩耶山)、上空は黒い雲が・・!
転法輪寺・高塚山_c0218841_12400454.jpg
少しパラつきましたが、何とか北入り口に到着。
北200mの歩道橋で西の学園都市駅行き組と東の総合運動公園駅行き組に別れ解散。(少し歩いたところで急に雨風が強まる)




# by manaty078 | 2021-04-19 13:00

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』

実施日:2021年4月12日(月) 晴れ
参加者:7名 CL:Kaw SL:Kin Saz K.Sak Nak Fuk S.Kot
コース:10:20鴨池発~11:10惣山~展望デッキ(昼食)~12:00アンテナ山~12:25総山~アザメ峠~13:25安場山~13:40愛宕山~13:50前山~日光峠~14:30高山~14:50ゆぴか着

 2名の方が諸事情で無念のキャンセルとなり、7名で出発。ゆぴかに車一台をデポして鴨池に到着、前回登った紅山を右手に見ながら、まずは惣山に向かいます。

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10184625.jpg
山吹が咲いています

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10192889.jpg
「お主も悪よのう」の山吹色より本物の方がきれいですよね

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10210949.jpg
左手の谷筋いっぱいに見事な咲きっぷり

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10214609.jpg
山吹に癒され急登も何のその

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10222665.jpg
小野アルプス最高峰惣山198.9メートルに到着

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10232915.jpg
眼下に紅山を望みます

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10240762.jpg
展望デッキ手前の岩場でパチリ ここで展望を楽しみながら早めの昼食 

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10281493.jpg
アンテナ山到着 割とささやかなアンテナですね

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10290413.jpg
ここから前回は行かなかった総山に向かいます

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10310531.jpg
総山到着 春の女神ギフチョウの保護を呼びかける看板が目を引きます

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10321208.jpg
何と、本当にギフチョウが乱舞しています やっと止まってくれた一羽をカメラに収めることができました

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10341608.jpg
アザメ峠に出てきました 中コースを終え、ここから東コースが始まります

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10362002.jpg
奇跡のケヤキです 放射線状に天に向かって伸びています

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10393787.jpg
安場山到着

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10400455.jpg
まだまだ元気!

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10405707.jpg
春蘭を見つけました

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10412994.jpg
コバノミツバツツジもまだまだ元気

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10420832.jpg
前山到着

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10425120.jpg
最後の高山に到着

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10434824.jpg
ゴール手前でちょっと一服

日本一低いアルプスに挑む『小野アルプス縦走』_c0218841_10445854.jpg
ゆぴかにゴール 4時間30分 6.4キロメートルの行程でした


日本一低いアルプスですが、アップダウンが激しく、なかなかハードな縦走でした。七つの山を走破し、達成感に包まれながら帰路につきました。


Posted by S.Kot




# by manaty078 | 2021-04-13 10:50

芦屋・道畔谷南尾根

実施日:2021年4月10日(土) 晴れ
参加者:CL:Ka.Kan SL:Sa.Yok S.Kot M.Kan M.Nak Y.San S.Miw K.Miy S.Ham 9名
コース:芦屋川駅9:00 登り口9:30 陽明水10:00 宝泉水10:09 航空母艦岩10:15 南尾根分岐10:20 荒地山11:45ランチ12:15 黒松12:20 風吹き岩12:55 高座の滝13:45 芦屋川駅14:20

☆☆☆にドキドキ・ワクワク集まったメンバー達。ハイキングとは、ひと味違うコースを設定しました。芦屋川駅前は登山者で一杯でした。邸宅街を登り口目指してスタートです。ここから芦屋川右岸道です。
芦屋・道畔谷南尾根_c0218841_19333588.jpg
駅から1時間、足元のスミレやコバノミツバツツジのピンク色に和みながら、陽明水に到着、冷たい水です。
芦屋・道畔谷南尾根_c0218841_19340189.jpg
宝泉水は、横目で見ながら通過、堰堤から谷に降りて、航空母艦岩を見上げます。
芦屋・道畔谷南尾根_c0218841_19393544.jpg
岩の横を順番によじ登り中! 
芦屋・道畔谷南尾根_c0218841_19372927.jpg
みんな登りました。結構広いです、名前の由来が分かる様な気がします。ちょっと斜面になっています。端っこから下は覗けない~
芦屋・道畔谷南尾根_c0218841_19354756.jpg
南尾根分岐です。左へ入ります。暫く進んで、CLのヘルメット着用の声掛けがありました。
芦屋・道畔谷南尾根_c0218841_19355477.jpg
ロープを頼りに、急登です。なかなかスリル満点。全身使って登ります。明日・・・痛くなりそうな予感がします。
芦屋・道畔谷南尾根_c0218841_19383078.jpg
サンデーモーニング岩に到着。Kさん2人が挑戦、通りがかった優しい青年のアドバイスとスリング2本使い、見事にクリアーよかったです。
芦屋・道畔谷南尾根_c0218841_19384883.jpg
荒地山でランチ後、黒松へ下ります。空が本当に青い・気持ちがいい。大峰山の方まで見渡せます。大阪が近い・・・
芦屋・道畔谷南尾根_c0218841_19402158.jpg
プロペラ岩が見えますか? ツツジとコラボ。
芦屋・道畔谷南尾根_c0218841_19405777.jpg
岩稜が続きます。夏山トレーニングみたい・・・いつ行けるようになるかしら?
芦屋・道畔谷南尾根_c0218841_19413750.jpg
梯子も降りて、色々経験できました。ベテランの方々から、沢山の事を教えて頂きました。
芦屋・道畔谷南尾根_c0218841_19420755.jpg
芦屋・道畔谷南尾根_c0218841_20594155.jpg
高座の滝到着。無事下山しました。
芦屋・道畔谷南尾根_c0218841_19432787.jpg
岩稜歩き楽しかったです。それぞれ自信がついて、次に繋がる山行になりました。

報告 Sa.Yok
写真 S.Ham&S.Kot&Sa.Yok







# by manaty078 | 2021-04-10 21:24

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』

2021年4月8日(木) 晴れ
参加者 CL: K Hir, SL: F Yam,S Kot,T Yam,N Kin,T Saz,MaYam,K Sak,Y Sim,Y Fuk 合計10名
コース 
1班 観音堂登山口10:15~二の山~岩座展望所11:00~三の山~亜炭展望所~四の山~深坂北峰~向山12:00(昼食)~五の山~蛙子展望所~珪石山13:40~水分れ公園到着14:45 『水分れ公園に下山する激下りコースを選択』
2班 観音堂登山口10:15~二の山10:40~岩座展望所11:10~三の山11:20~亜炭展望所11:30~松の台展望所12:05~深坂北峰12:20(昼食)~向山13:00~蛙子展望所13:30~清水山14:00~イルカ岩・博打岩・亀岩~剣爾山~鳳翔寺15:20『鳳翔寺登山口コースを選択』

今年は色んな花の開花が早いようで、ヒカゲツツジももれなく早く咲き、予定の4月15日では遅いと思い、1週間早めての山行となりました。参加者10名で車で水分れ公園駐車場に到着。10名のメンバーを早く歩く班と、ゆっくり楽しむ班に別れて歩きました。

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』_c0218841_15254843.jpg
例年だとまだまだ見頃の桜の大木

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』_c0218841_15262147.jpg
先行する1班 頭上はミツバツツジが綺麗です

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』_c0218841_15271737.jpg
綺麗に咲いています

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』_c0218841_15275241.jpg
岩座展望所からの眺め 眼下は柏原町

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』_c0218841_15312917.jpg
山笑う ピンク色の山桜が山肌に彩を添えています

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』_c0218841_15350305.jpg
松の台展望所 ヒカゲツツジが盆栽の様に咲いています。見事です

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』_c0218841_15330596.jpg
ここから頭上、山の斜面までヒカゲツツジが覆っています。

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』_c0218841_15380678.jpg

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』_c0218841_15420722.jpg

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』_c0218841_15364338.jpg
ヒカゲツツジのトンネルを通って、皆さん嬉しそうです

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』_c0218841_15393302.jpg
2班 向山山頂に到着

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』_c0218841_15385665.jpg
ツツジが岡展望所よりの眺め

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』_c0218841_15421736.jpg
1班は水分れ公園に降りる激下りコースを選ぶ

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』_c0218841_15440516.jpg
ここからの眺めも最高です

ヒカゲツツジのトンネルを歩こう『丹波 向山』_c0218841_15462401.jpg
清水山を登り、剣爾山を通って鳳翔寺コースを選んで下山。
清水山からの下りもかなり激下りで慎重に足を運ぶ。
何度か向山に行きましたが、ヒカゲツツジがこんなに沢山咲いている時に登れたのは初めてで、頭上、山の斜面一面に広がっていました。
1班をお待たせしましたが、それぞれの班で満開のヒカゲツツジを楽しんだ例会でした。

報告: F Yam
写真:S Kot,F Yam




# by manaty078 | 2021-04-09 16:06

西神戸山の会 例会報告
by manaty078
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2021年 10月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

最新の記事

ファン

ブログジャンル