人気ブログランキング | 話題のタグを見る

例会報告

クリーンハイク

実施日:2024年2月4日(日)晴れ
参加者:CL:Sa.Yok SL:N.Tak Ham Miw Sak Tor K.Tak Ku.Kan S.Kot N.Kit T.Kit Nak 12名
コース:谷上駅10:00~山田道~森林植物園11:30~園内観察~12:30ランチ13:00解散~①山田道~谷上駅14:20 ②東門~市ケ原~新神戸駅15:45

前日の天気予報が、夜中雨から雪に変わりドキドキ迎えた朝。谷上駅が一番寒かったです。クリーンハイクのスタートです。天気に恵まれました。
クリーンハイク_c0218841_19542270.jpg

ゴミ袋を持ちつつ、足元が悪いので滑らないように注意しながらです。
クリーンハイク_c0218841_19551263.jpg

今日は、冬芽観察もします。クズの冬芽は葉痕の上! お顔に見えません? 困っていたり・悩んでいたり? Ku.Kanさんがパシャリ・ナイスショット!
クリーンハイク_c0218841_19580286.jpg
カラスザンショの冬芽は、お顔の上に帽子をのせているみたい??
クリーンハイク_c0218841_20280480.jpg
アカメガシワの冬芽は、葉脈が見えています。裸芽! はだかで寒そう・でも毛が生えているから大丈夫みたい。
クリーンハイク_c0218841_20281745.jpg
森林植物園に着きました。バイカオウレンのお出迎えです。白い花びらみたいに見えているのは、実はガクで、黄色のカップみたいに見えるのが花びらだそうです。スプリングエフェメラル(春の妖精)は、他にも、セツブンソウ・フクジュソウ等・・・次々楽しみですね。 
クリーンハイク_c0218841_19553816.jpg

毛皮をまとったみたいな、ハクモクレンの冬芽・・・モフモフ暖かそうです。コブシと似ていますね。
クリーンハイク_c0218841_20281277.jpg

ロウバイ いい香り 
クリーンハイク_c0218841_19561814.jpg
ソシンロウバイは、ロウバイから生まれた栽培品種です。
クリーンハイク_c0218841_19560907.jpg

木立の中を歩きます。気持ちがいいです。シナアブラギリの大きな実もコロコロ転がっています。今度は、花の咲く時期に訪れましょう。
クリーンハイク_c0218841_19555586.jpg

ひだまりでランチにしました。お腹いっぱい食べて幸せ。
クリーンハイク_c0218841_19563845.jpg
クリーンハイク_c0218841_19565985.jpg

解散の前に、オニグルミの冬芽。大きい!! 何に見えますか? 山田道を谷上駅に向かう3人に、バイバイ気を付けてね。
クリーンハイク_c0218841_20275553.jpg

東門を出た9人は、のんびりキョロキョロしながら進みます。堰堤が次々あって巻き道の登り下り、そして水面がキレイ!エメラルドグリーン立ち止まってうっとり。
クリーンハイク_c0218841_20282111.jpg
ゴロゴロ石や橋渡り・変化に富んで楽しいコースです。お喋りが弾んで・・・市ケ原。桜茶屋前の温度計は5℃⁉ もっと暖かい気がします。
クリーンハイク_c0218841_20073069.jpg

11㎞ほど歩いて、新神戸駅に到着しました。クリーンハイクの成果は、燃えるゴミ・燃えないゴミ各1㎏でした。冬芽観察は、皆さんが興味関心を示され楽しかったです。「ふゆめがっしょうだん」と言う絵本が、好評で役に立ちました。季節を変えて森林植物園散策したいとの声も聞かれました。

報告 Sa.Yok




# by manaty078 | 2024-02-04 22:25

記念シリーズ山行「六甲山系の三角点50探訪」《第4回》 高取山付近

【実施日】2024年1月28日(日) 晴れ~曇り~小雨
【参加者】CL;Ori,SL;Kur、T.Kit,N.Tak,Nak,Miw,Tod,Ham,Tor,Ku.Kan,N.Kit,Hor 12名
【コース】妙法寺駅10:00~荒熊神社前11:30~11:45安井茶屋部広場12:20~西山12:40~西山町13:00~神戸常磐大学部13:50~14:05西代駅付近(解散)
【報告】暖かくなり後に雨となる予報でしたが、比較的短いコースで正月明けでありユックリ歩きをお願いして出発しました。
すぐに六甲全山縦走路に合い、荒熊神社前の三角点を訪れて、安井茶屋部広場まではほぼ全縦路に沿い歩きました。
広場で昼食を摂り、長田方面に少し下がり白川大明神手前を左折して西山の三角点を通り、西山町に降りて上池田町などの住宅地を常磐大学部の三角点を目指し道を探しながら辿り着きました。
今回目的の3三角点を探訪終えて頃から小雨が落ち出し、傘を開いて終着地を目指して行きました。
記念シリーズ山行「六甲山系の三角点50探訪」《第4回》 高取山付近_c0218841_09451182.jpg
全縦路に入りすぐに交通路との珍交差が在ります。①阪神高速神戸山手線下り車線の上越し
記念シリーズ山行「六甲山系の三角点50探訪」《第4回》 高取山付近_c0218841_09452828.jpg
②上り車線の下越し
記念シリーズ山行「六甲山系の三角点50探訪」《第4回》 高取山付近_c0218841_09454695.jpg
③神戸市営地下鉄の下越し
記念シリーズ山行「六甲山系の三角点50探訪」《第4回》 高取山付近_c0218841_09461075.jpg
野路山公園を過ぎると高取山への登りとなります。
記念シリーズ山行「六甲山系の三角点50探訪」《第4回》 高取山付近_c0218841_09463517.jpg
高取山西峰の三角点「高取山」は一段下の荒熊神社前の移されています。
記念シリーズ山行「六甲山系の三角点50探訪」《第4回》 高取山付近_c0218841_09465379.jpg
やや逆光ですが、はいピース!
記念シリーズ山行「六甲山系の三角点50探訪」《第4回》 高取山付近_c0218841_09472395.jpg
東峰にある高取神社より階段を下ります。(前方は三宮界隈)
記念シリーズ山行「六甲山系の三角点50探訪」《第4回》 高取山付近_c0218841_09474106.jpg
参道脇には切り株に花が刺して有りました。
記念シリーズ山行「六甲山系の三角点50探訪」《第4回》 高取山付近_c0218841_09480308.jpg
西山の三角点「梅木畑」です。
記念シリーズ山行「六甲山系の三角点50探訪」《第4回》 高取山付近_c0218841_09482621.jpg
阪神自動車航空鉄道専門学校部の道は以前にはササダケが茂っていましたが、今回は綺麗に刈り払われていました。
記念シリーズ山行「六甲山系の三角点50探訪」《第4回》 高取山付近_c0218841_09485055.jpg
長田神社の直上流部の宮川町を通りました。
記念シリーズ山行「六甲山系の三角点50探訪」《第4回》 高取山付近_c0218841_09495608.jpg
常磐大学部の三角点「長田」、大学敷地内であり少人数に分けて参訪する事にしました。





# by manaty078 | 2024-01-29 10:24

西神戸山の会50周年記念集会

実施日:2024年1月20日(土) 曇り
場所:神戸市水道局北野会館
参加者:53名(来賓、OB含む)

 西神戸山の会50周年記念集会は雨が心配されましたが、幸いほとんど降らず、多くの参加者を得て、上記の場所で盛大に開催されました。
 ブログ筆者は実行委員でもあり、当日も多忙で充分に記録が取れていませんので、ここでは概要をお届けするにとどめます。詳細は後日機関誌に掲載される報告でお読みください。


西神戸山の会50周年記念集会_c0218841_21010152.jpg
会場の準備です。懐かしい写真を展示します。

西神戸山の会50周年記念集会_c0218841_21015618.jpg
開会直前です。OBの皆さんをはじめ久しぶりに会って話がはずみます。

西神戸山の会50周年記念集会_c0218841_21030842.jpg
いよいよ開会です。会長挨拶、来賓挨拶に続いて、50年会員3名の紹介と挨拶、男女それぞれの最高齢、90歳と88歳の方の紹介、最近入会した方の紹介と挨拶、OBの方の紹介と挨拶がありました。
料理は豪華版で皆さん、大満足のようです。

西神戸山の会50周年記念集会_c0218841_21082772.jpg
第2部はリピート山中さんのコンサートです。軽妙なトークと抜群の歌唱力で盛り上がりました。

西神戸山の会50周年記念集会_c0218841_21095563.jpg
 リピートさんは垂水区で生まれ育った生粋の関西人です。ヒット曲「ヨーデル食べ放題」「加藤文太郎のうた」などを歌っていただきました。
 この後みんなでうたう会になり、山の会即席合唱団も出演し、手作り歌集でリピートさんのリードでリクエスト曲を歌いました。

西神戸山の会50周年記念集会_c0218841_10141746.jpg
 あっという間に予定時間となり、全員で記念写真に納まり、解散です。さぁ、次の記念集会は開催できるのでしょうか? 55周年に向けて皆さん、頑張りましょう!

Posted by S.Kot




# by manaty078 | 2024-01-20 21:19

『百丈岩』 新春岩開き

実施日:2024年1月13日(土) 晴れ 後 小雨・小雪
参加者11名:CL:Ka.Kan SL:S.Yam Goh N.Kit Yos Ter M.Kan Kur Ham S.Kot Visitor:Kawm
コース:9:05道場駅-9:35やまびこ茶屋-10:10百丈岩-10:50やまびこ茶屋-12:40探索-13:10やまびこ茶屋-13:50道場駅 

激動の幕開けとなった2024年。新春岩開きは11名の参加を得て晴天にも恵まれ実施の運びとなりました。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_16481628.jpg
JR道場駅から百丈岩に向かいます。多くのクライマーらしき登山者が同じ方向に向かっていました。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_16530390.jpg
途中にある人面岩です。モアイ像みたいですね。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_16534917.jpg
ローソク岩が見えてきました。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_16541998.jpg
やまびこ茶屋に到着です。ここで服装を整えたり荷物を整理したりします。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_16551704.jpg
ここにはこんな練習場もあります。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_16554786.jpg
鎌倉峡と百丈岩の説明です。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_16571656.jpg
クライミングはしないものの、それなりの難所なのでリーダーから注意があります。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_16585914.jpg
目指すはローソク岩の左にある岩の頂上。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17000135.jpg
いよいよ出発です。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17002670.jpg
いきなり鎖場です。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17005470.jpg
慎重に登ります。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17014014.jpg
ローソク岩が近づいてきました。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17023700.jpg
ここから下降の訓練をしているグループがいます。かなりのベテランのようです。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17035707.jpg
百丈岩の看板がありました。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17043930.jpg
そこを通り過ぎて見下ろすとこの景色。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17053389.jpg
ついにローソク岩の隣の岩に到着です。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17062234.jpg
危険なので交代で端まで行きます。ローソク岩まで行けるのですが風が出てきたので今日はやめておきます。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17083025.jpg
一人前に登攀中です。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17091523.jpg
さて、下山に取り掛かります。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17095353.jpg
下りは安全な緩やかコースを選択します。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17103385.jpg
そうは言ってもこんな所もあります。慎重に!

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17114699.jpg
やまびこ茶屋に戻ってお待ちかねの鍋料理です。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17123782.jpg
何杯でもおかわりできますよ。食後のコーヒーまでついてみんな大満足!

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17140123.jpg
やまびこ茶屋のご主人にシャッターを押してもらって記念撮影です。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17154298.jpg
食事の後は他のルートの探索に出かけます。

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17165315.jpg
このロープ場を登っていけば先ほど行ったところの近くに出るか?

『百丈岩』 新春岩開き_c0218841_17182215.jpg
いろいろな個所を探索して次回に備えます。


あんなに天気が良かったのに、一転にわかに搔き曇って小雨がぱらついてきました。帰路を急ぎましょう。幸い青空も見えています。道場駅まで戻るとみぞれまじりになりました。電車もすぐに来て、早い帰宅となりました。また来年もやりましょう。いや、その前に鎌倉峡か?それとも別コース?

Posted by S.Kot




# by manaty078 | 2024-01-13 17:25

神戸灘酒蔵めぐり

実施日:2024年1月5日(金)晴れ
参加者 : CL: T Yam, Hir, Sa Yok, Sak, S Kot, M Kur, T Kit, F Yam  合計8名
コース : 阪神魚崎駅10:00~菊正宗酒造記念館10:10~白鶴酒造資料館11:10~神戸酒心館さかばやし12:15(昼食)~甲南漬13:15~新在家駅

今年も恒例となった神戸灘酒蔵巡りに今回初参加の3名も含めて酒好きな8人で行ってきました。
暖かい一日で絶好の酒蔵巡りです。

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_19582033.jpg
阪神魚崎駅にはこのようなイラストマップがあります。

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_19582795.jpg
先ずは菊正宗酒造から見学。海外からの見学客も多く、賑わっていました。

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_19583666.jpg
見上げると大きな杉玉が目につきます。

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_19585181.jpg
酒造展示室 昭和初期まで実際に使われていた酒造用具が展示され、職人たちの仕事と生活を体感できます。

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_19590118.jpg

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_19590996.jpg
利き酒を頂きます。『しぼりたて生原酒』と『セセシオン芳醇しぼりたて』と言う巨峰とマスカットの香りがするお味でした

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_19591824.jpg
外の川沿いの東屋で買いたての原酒と、T Yamさんが持ってこられたふぐのひれ酒と持ち寄りのお酒のあてで乾杯~。既にほろ酔いです

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_19592792.jpg
続いて白鶴酒造資料館です。大きな門松が目につきます

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_19593686.jpg
二階の展示場です。

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_19594989.jpg
麹室

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_19595720.jpg

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_20001135.jpg
麹取込みと言う作業のようです

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_20002570.jpg
樽詰め作業

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_20003584.jpg

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_20004322.jpg
利き酒コーナー

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_20010528.jpg
続いて福壽酒造です。お正月と言う事で『さかばやし 神戸酒心館』で昼食を頂く事になりました。

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_20011302.jpg
こちらは『そば膳』です。美味しく頂きました

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_20012865.jpg
こちらでも利き酒を頂きました。

神戸灘酒蔵めぐり_c0218841_20014247.jpg
そして、いつもの様に樽の中で記念写真。

甲南漬でお買い物の後、阪神新在家駅で解散
こうして、年初めの恒例行事の酒蔵巡りは無事終了~
毎年の例会となりそうです。

報告 F Yam




# by manaty078 | 2024-01-06 20:41

西神戸山の会 例会報告
by manaty078

以前の記事

2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

最新の記事

ファン

ブログジャンル