人気ブログランキング | 話題のタグを見る

例会報告

紅葉谷 クリーンハイク

実施日:2024年6月22日(土)曇り一時晴れのち霧 14:30から小雨
参加者:CL:Sa.Yok SL:Sak Hor Kaw Yos Tan T.Kit Goh Miz Kot Yab Miw 12名
コース:有馬温泉駅9:30~紅葉谷~極楽茶屋跡12:05ランチ12:30~ガーデンテラス~六甲ケーブル上駅&油コブシ分岐13:45~六甲ケーブル下駅15:05

梅雨入りかな?と天気予報にドキドキしながら、下山まで降らなければラッキーと、朝を迎えました。
有馬温泉駅をスタートし、有馬ロープウェー駅前、さあ登山道に入ります。
最初目に入ったのは、タケニグサの群生。他の植物を寄せ付けないのか? 
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_17580293.jpg

あらあら、ササユリが三輪咲いていました。嬉しいな!
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_17423285.jpg

お喋りしながら、ルンルン・・・ クリーンハイクです。
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_17434045.jpg

アジサイのオンパレード。幻のアジサイ
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_18071017.jpg

小さくて可愛い
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_17442094.jpg

久し振りの方は、橋が出来てる!!
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_17444681.jpg

杉の大木の中に入っていくと、ジメジメしたヘビが出そうなところに咲くという名前のウワバミソウが群生していました。
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_17451584.jpg

河原に下りてきました。ぶら下っているのは・・・ この後、途中の道にもこの実が落ちていました。
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_18094938.jpg

ツルアジサイによく似た花ですが・・・
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_18102291.jpg

登りが続きます。
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_17475079.jpg

珍しい花見っけ!!葉っぱの下で咲いています。
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_18105201.jpg

カーブが何回も・・・おーいと声をかけます。
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_17463986.jpg

あともう少し!! 7分の6歩いてきたんだ・・・
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_17484618.jpg

600m最後の登り・谷へ抜ける風が心地よい。
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_17494242.jpg

極楽茶屋跡に到着。ランチ後、1978年から続いている、西神戸山の会のクリーンハイクの記録を書き替えました。嬉しいことに、今日のゴミはゼロでした。
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_17480785.jpg

ガーデンテラス手前、雲が市街地にかかって珍しい眺望です。
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_17455924.jpg

キュウイフルーツと仲間のお花です。実ったら味わいたいな・・・
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_18000008.jpg

色々なウツギが咲いていました。この色もステキですね。白いウツギが、雪みたいで好き!!の声も。
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_18014001.jpg

ガーデンテラスで休憩中、霧発生・・・霧に包まれて歩きました。冷蔵庫?みたいに涼やかです。こんなの初めて・・・
六甲ケーブル上駅と油コブシの分岐で、ケーブル組とバイバイです。気を付けてね~ またねー どちらにするか悩んだ方もいらっしゃいました。
軽快に下って行きます。
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_17471240.jpg

14:30頃から、ポツポツ心配していた小雨が降り出しました。傘やレインウエアーでカラフルに変身しました。
紅葉谷 クリーンハイク_c0218841_17453762.jpg

30分ほどの雨山行になりました。滑らない様に慎重に下り、六甲ケーブル下駅に無事到着しました。お疲れ様でした。
クリーンハイクのゴミが無かったのは、嬉しい事です。鳥の声や水の音を聞き、風を感じ、霧に包まれ、たくさんの花や実に出会えました。楽しい山行になりました。
また、違う季節に訪れましょう。

報告 Sa.Yok




# by manaty078 | 2024-06-22 19:38

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡

【実施日】2024年6月12日(水) 晴れ
【参加者】CL:Y.Shi SL: F.Yam Kot N.Tak  合計4名
【コース】神鉄湊川8:57→粟生10:0910:32北条町駅着10:32~大歳神社~商家の街並み~酒見寺11:15~住吉神社~五百羅漢寺~小谷城跡遊歩道入口12:20~小谷城跡着(昼食)12:45~13:20~寺町通~横尾街道~北条町駅着15:15

良いお天気に恵まれて4人で神戸電鉄粟生線と北条鉄道を乗り継ぎ、北条町の歴史探訪をしました。

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21295806.jpg
北条鉄道粟生駅から北条町駅まで1両の可愛い電車です。

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21300572.jpg
車窓に広がる景色は田植えが終わり、水田に山並みが映りこむのどかな景色でした。
また2021年10月に登った加西アルプス、笠松山・善防山の稜線がくっきりと見えました。

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21301011.jpg
北条町に到着、このような案内板が見られます

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21302055.jpg
大歳神社を過ぎて商家の街並みを見学  虫籠窓が見られます 

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21302303.jpg
お味噌屋さん 商業、流通の拠点として栄えた商家の街並みをぶらぶらと地元の人達との交流を楽しみながら酒見寺へ

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21303066.jpg
酒見寺(さがみじ) 極彩色の精巧な彫刻が施された山門

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21303569.jpg
屋根の上重が檜皮葺、下重が瓦葺と言う珍しい様式で、全体に装飾文様を極彩色で描いており、全国でもっとも美しい多宝塔と言われています。

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21304018.jpg
本堂までの参道も美しく、両側には二十一対の青銅製の飾り灯篭が参詣者を迎えてくれます。

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21304646.jpg
本堂

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21305167.jpg
極彩色の鐘楼

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21305609.jpg
三代将軍家家光公の御朱印寺となり、護摩堂には歴代の天皇、並びに歴代徳川将軍の位牌がお祀りされています。その関係なのか徳川家の家紋、葵の御紋が見られました

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21310563.jpg
住吉神社では国の重要文化財である本殿に参拝。

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21310920.jpg
本殿は切妻造銅板葺(元は檜皮葺)のものが東西に3棟並びます

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21311743.jpg
羅漢寺へ いつ誰が何のために造ったのか定かではないそうですが、それぞれの素朴なお顔を拝見していると懐かしい気持ちにさせられます。
北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21313822.jpg
小谷城跡に向かいます。

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21314969.jpg
途中、陽松禅寺(赤松氏の菩提寺)前を通ります。立派な仁王像がにらみを利かせています

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21315379.jpg
小谷城主 赤松祐尚(あかまつ すけひさ)の墓 思ったより小さなお墓でした

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21320021.jpg
ここから結構きつい登山道となりました。

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21320414.jpg
やっと到着 山頂には廓の跡が階段状に残っており、廓を空堀と土塁が取り巻いています

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21321428.jpg
今回の参加者4人です。セルフタイマーで記念写真

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21321869.jpg
山頂(本丸跡)から加西の街と播磨平野が一望でき、明石海峡大橋まで見えました。ここで昼食後、寺町通り、横尾街道に移動します

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21322531.jpg
鏝絵 北条の宿、黒の漆喰の上に白い鶴・えびす・大国鶴・亀が厄除け、家内安全、子孫繁栄を願って描かれています。

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21322822.jpg
病除け地蔵尊

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21323125.jpg
交通の要衝だった名残の加西市最古の道標 右 京・大阪 左 明楽寺

北条鉄道に乗って 北条の歴史と小谷城跡_c0218841_21323436.jpg
やっと北条駅に帰ってきました。
まだ6月というのに猛暑の中、途中道迷いもありましたが沢山歩きました。
袖卯達、虫籠窓、格子窓等レトロなたたずまいが残っている北条町の街並みは魅力的でした

北条まちづくり協議会 北条の宿を行く】 詳細はこちらから

報告: Y.Shi F. Yam




# by manaty078 | 2024-06-14 20:58

摩耶山 *読図山行

2024年6月8日(土) 晴れ
【参加者】 CL:Kats, H.Hor, Win.o, T.Yos, S.Yok, K.Tak,Y.Kaw,S.Ham,M.Kan 受講生1名  (計10名)
【タイム】 王子公園駅9:00~王子公園サブグランド9:07~神戸高校から上野道~虹の駅1~掬星台(昼食)12:00-12:35~
摩耶山頂12:52~天狗道~学校林道出合13:45~学校林道~東山分岐14:27~雷声寺15:00~15:20新神戸駅(解散)
摩耶山 *読図山行_c0218841_18541096.jpg

実技は王子公園サブグランドで地図読みの基本を学びます。
国土地理院地図15.000分の1を使い、山座同定と言って山や送電線鉄塔等
の目標を目視して地図上でコンパスを使い方向を定めます。
摩耶山を目標にしてコンパスを当てます。
摩耶山 *読図山行_c0218841_18555102.jpg

講師が目標を説明をされています。受講生はその目標にコンパスを
むけて経度を確認中。
摩耶山 *読図山行_c0218841_19032979.jpg

上野道登り口で現在地を地図上で確認中です。
摩耶山 *読図山行_c0218841_19065509.jpg

虹の駅手前の小屋場三ノ休原付近で現在地確認です。
摩耶山 *読図山行_c0218841_19211728.jpg

掬星台 昼食も終わり次の目標物の説明です。
摩耶山 *読図山行_c0218841_19242182.jpg

摩耶山698.6mにある三等三角点
摩耶山 *読図山行_c0218841_19310209.jpg

本日のハイライト摩耶山頂の捜索。
10mの紐を使用して実測60m先に山頂がありました。
ただし、周囲には山頂より高い場所があり捜索には難渋
しました。
摩耶山 *読図山行_c0218841_19361265.jpg

新神戸駅到着です。皆さんお疲れ様でした。解散!
報告 Win.O




# by manaty078 | 2024-06-09 19:42

ササユリ&けもの道 高御位山

実施日 2024年5月29日(水)晴れ
参加者 CL:Sa.Yok SL:.Kaw Tan Ter Goh M.Kan Yos Ham T.Kit Kot 10名 & アシスト(一般)Nis Y.Kaw
コース 宝殿駅8:45 8:54かこバス=成井9:13~登り口9:20~けもの道9:40~高御位山10:30~成井11:47かこバス=宝殿駅12:00~宝殿山12:40ランチ13:25~宝殿駅14:00解散

前日は大雨警報の土砂降りでしたが、朝から青空が広がりました。宝殿駅に集合して、かこバス(コミュニティバス)&車に分乗し成井を目指します。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20165942.jpg

奥の池への階段を登りました????
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_19583422.jpg

山の水を満々と湛える池の反対側を見下ろしました。見えますか? 「たかみくらwelcome2024」 力作ですね。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_19592361.jpg

小池の脇を山道に入っていくと高御位神宮を左に見て、一丁・二丁と石段が続きます。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_19595585.jpg

今日のお目当ては、ササユリ&けもの道。しかし下見に行ったSLから「いつもと違う・まだ蕾・見られないかも?」との話が集合時にあったのです。仕方ないです。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20001743.jpg

けもの道は、上級者向けで登り応えあり・おまけに水が流れています。足をどこに置こうか? いいトレーニングになります。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20004343.jpg

見つかりましたササユリです。嬉しくてみんな大喜び!! 最初2輪・それから1輪・2輪 鼻を近づけるといい香りです。色も少しづつ違う。出会えたササユリにうっとり!
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20010485.jpg
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20011847.jpg

汗を拭きながら、高御位山独特の岩登りです。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20014215.jpg

頂上直下まで来ました。眺望を楽しみます。青い空が美しい。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20015917.jpg

高御位神社に到着です。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20022879.jpg

高御位山304mとは思えぬ、絶景&眺望です。シルエットがステキです。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20024831.jpg
皆さん、それぞれ写真撮りまくり中、上手く撮れましたか?
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20030278.jpg

さて十八丁・十七丁と下りは、階段です。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20063711.jpg

地元の方々が保護されているササユリも咲いていました。白ですね。今日は全部で10輪ほど愛でたでしょうか・・・なんとラッキー
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20065572.jpg

黄色い花も可愛いですね。キガンピ
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20072033.jpg

振り返ると「あそこから下って来たんだ!」 侮れない304m 楽しかった・・・
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20072915.jpg

一度宝殿駅に戻り、もう一つのお楽しみ 石の宝殿へ向かいます。生石神社を目指して、階段を登ります。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20090467.jpg

神社の脇をドンドン登ります。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_21581845.jpg
数えたら200段あったそうです。着いたところは、宝殿山60mでした。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20091660.jpg

360°眺めよし、遠く六甲の山並みが連なっています。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20095358.jpg

竜山石の石切り場が見えます。迫力あります。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20100648.jpg

山上展望台の東屋で、ゆっくり遅いランチとお喋りが止まらない。いい時間が流れていきます。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20101719.jpg

石の宝殿 なかなか見応えが有ります。お勧めです。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20083641.jpg

石が水に浮かんでいるように見える!人知を超えたミステリー 水の中には金魚が泳いでいます。強力なパワースポットです。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20110216.jpg

この階段登ったね! 帰りに並んでみました。
ササユリ&けもの道 高御位山_c0218841_20114304.jpg

この後、宝殿駅まで歩いて解散しました。SLと下見や案内をして下さったNisさん・車を出して下さったY.Kaw さんには、お世話になりました。おかげさまで、ゆっくり楽しい時間になりました。SLの何もかもうまくいったという言葉が、今回の例会をうまく表しています。ありがとうございました。次の例会でまた一緒に歩きましょう。楽しみにしています。

報告 Sa.Yok




# by manaty078 | 2024-05-29 22:47

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク

実施日 2024年5月20日(月) 晴れ
参加者 
登山組10名 CL:Sa.Yok SL:Sak N.Kit S.Ham T.Kit Y. Fuk S. Miw Yos K, Kan Ori
散策組 8名 CL:K.Hir SL:F.Yam miz Y.shi T.Yam N.Kin K.Ouc I Ohn 合計18名、内一般参加者2名 

コース 
新長田7:45出発~山陽道~播但道~中国道、ちぐさ高原キャンプ場10:25着
登山組:舟木山登山口10:45~大海里峠12:00~12:25昼食~駒の尾山13:00~舟木山登山口下山14:30
散策組:舟木山登山口10:45~ヤマシャクヤク群生地11:00~11:30昼食~クリンソウ群生地12:40~たたらの里学習館13:20~13:40。登山組と合流後、登山組はクリンソウ鑑賞後帰途につく 神戸着

創立50周年記念として駒の尾山とちぐさ高原クリンソウ鑑賞バスハイクに行きました。
総勢18名でしたが、夜中までの雨でお天気が心配でしたが、雨も上がり、とてもいいお天気になりました。
ちぐさ高原に到着後、登山組と散策組に別れ出発です。

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14441369.jpg
舟木山登山口より登山開始
散策組は駒の尾山登山道の途中までのヤマシャクヤク群生地までです。

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14451179.jpg
こちらは登山組が見つけたのヤマシャクヤクで7輪咲いていたそうです。良かったですね~とても気品があるお花です。

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14462000.jpg
こちらは散策組が見つけた貴重な一輪のヤマシャクヤクです。
SNSで調べると既に遅いかも・・との情報で見られるか心配でしたが、何とか一輪見る事が出来、初めて見る方は感激でした

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14461587.jpg
既に散った後のヤマシャクヤク

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14460891.jpg
登山道脇に沢山咲いていたタニギキョウです。とても小さなお花です。

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14461122.jpg
チゴユリ

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14451788.jpg
登山組より、途中カッコウの鳴き声に癒されました。
ブナ林に時々ナナカマドの木が混じっていました。

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14452013.jpg
新緑の中気持ちの良い道でした。360度の山並み、氷ノ山が見えました。

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14452304.jpg
駒の尾山山頂にて 祝50周年と西神戸山の会の旗を持って記念写真

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14462823.jpg
散策組 クリンソウ畑あたりにヤマフジが咲いていました。

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14463261.jpg
クリンソウ畑に移動 今年はクリンソウも既に花盛りは過ぎたそうですが、まだまだ見頃の場所がありました。

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14463743.jpg
撮影に夢中です

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14464573.jpg

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14464970.jpg

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14465686.jpg

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14465953.jpg

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14470362.jpg
最後にギンラン見つけました。

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14471386.jpg
登山組と合流まで時間があったので『たたらの里学習館』に行きました。

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14470838.jpg
映像説明と展示物が主です

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14452698.jpg
丁度良いタイミングで登山組が無事下山。皆さんの楽しそうな顔で山頂からの展望が良かったことがうかがえます

創立50周年記念 春のバスハイク 駒の尾山・ヤマシャクヤク_c0218841_14471781.jpg
後で集合写真を写してない事に気づき、途中の道の駅でパチリと集合写真を写しました。


今回も沢山のお花を見る事が出来ました。
ヤマシャクヤク・ギンリョウソウ・エンレイソウ・チゴユリ・タニギキョウ・フタリシズカ・ヒカゲノカズラ・ミツバツチグリ・モンローリップ・ユキザサ等に目が止まりました。

こうして創立50周年記念のバスハイクが終わりましたが、なかなか参加者が集まらない状態で、今後どうするかが問題です。

報告&写真:F Yam・Sa Yok




# by manaty078 | 2024-05-21 15:33

西神戸山の会 例会報告
by manaty078

以前の記事

2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

最新の記事

『布引ハーブ園』夜景を見なが..
at 2024-07-22 10:37
蓬山峡 沢登り
at 2024-07-19 19:27
国民平和大行進に参加
at 2024-07-13 21:25
転法輪寺の蓮
at 2024-07-08 17:07
山田道~森林植物園~布引
at 2024-06-27 21:08

ファン

ブログジャンル