人気ブログランキング | 話題のタグを見る

例会報告

京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)

【実施日】2023年3月15日(水) 晴れ
【参加者】CL;Ori,SL;Miu、M.Kan, Gou,Tor,Ham,T.Kit,Miy, (Oka) 9名(一般1名)
【コース】三ノ宮8:17⇒大阪⇒奈良⇒10:41桃山…伏見桃山駅11:00~11:35伏見桃山城12:05~13:15大岩山展望所13:30~14:15深草十二帝陵14:25~15:20稲荷奥社…15:30稲荷駅16:01⇒京都⇒17:07三ノ宮
【概要】今回は「青春18切符」使用期間であり、JR線で大阪・奈良・京都の三都駅を巡りを含めた京都一周トレイルの第1区間を歩きました。
列車の乗り継ぎは良く、始点部で一般参加の方と合流しました。
天候は春日和で梅の花を初め、色々な花,芽出しに出会いました。
シリーズ7回目、気の知れたメンバーと共にゆったりと京都近郊の里山を満喫しました。(Ori)

京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10103122.jpg
往路の桃山駅に降り立ちました。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10110526.jpg
歩き10分で、始点(F-1)の伏見桃山駅に。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10112793.jpg
西に15分で、桃山御陵の桓武天皇御陵道に入ります。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10115317.jpg
北に15分で、伏見桃山城公園(模擬城は現在公開されていません)で昼食し、集合写真を。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10121432.jpg
北に下がり、伏見北掘り公園内を歩きます。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10123875.jpg
東の住宅地を抜けると、竹林内の道になります。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10130594.jpg
大岩山展望所では京都の南市街地が望めます。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10132345.jpg
ここからは下りの山道になるので、ストックの準備を。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10134736.jpg
木漏れ陽の中、足元に気を付けて下ります。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10141562.jpg
芸術的な模様が施されている「堂本印象の石鳥居」。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10143553.jpg
下がった住宅地脇には淡いピンクの「シデコブシ」が。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10151485.jpg
「深草十二帝陵」にて、小休憩を。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10154047.jpg
住宅地を抜けると、のどかな山間部となります。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10160099.jpg
ツクシが多く芽を出していました。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10161870.jpg
先の竹林部は良く整備され、タケノコが芽を出すのは間近ですネ。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10165024.jpg
社・鳥居が多くなり、伏見稲荷は間近です。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10173318.jpg
ジンチョウゲの花が微かな香りを放っていました。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10175646.jpg
今回の終点、奥社北のF35&2-2です。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10181913.jpg
鳥居のトンネルの中では和装の観光客が多数見掛けられました。
京都一周トレイル(第7回)第①区間(伏見桃山駅~伏見稲荷奥社)_c0218841_10185366.jpg
復路の稲荷駅ホームにて。






by manaty078 | 2023-03-16 10:59

西神戸山の会 例会報告
by manaty078

以前の記事

2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

最新の記事

ファン

ブログジャンル