人気ブログランキング | 話題のタグを見る

例会報告

太山寺原生林(観音山)

実施日:2022年4月23日(土)晴れ 
参加者:17名
1班 CL:Ku Kan,S Kot,M Yam,Sa Yok,K Sak,K Miy,Y Yab,R Miu 8名
2班 CL:N Kin,H Kot,N Kit,F Miz,M Nak,A Tor,K Nis,T Saz,F Yam 9名
コース : 伊川谷駅9:00~石戸神社9:30~なでしこの湯9:50~10:20太山寺原生林(観音山)11:30~摩崖仏11:45~12:05太山寺13:40~学園都市駅14:30

太山寺の背山は近畿でも数少ない照葉樹の原生林として知られ、県の天然記念物に指定されています。
1300年間戦火に見舞われてなく、手つかずの森林を見ることが出来ます。
今回、女性部例会として実施、17名の参加者で2班に別れて歩きます。

太山寺原生林(観音山)_c0218841_13465493.jpg
石戸神社に到着。ここで小休止

太山寺原生林(観音山)_c0218841_13482242.jpg
ポポーの花 秋になると実が熟し食べられます

太山寺原生林(観音山)_c0218841_13514992.jpg
ここでタンポポの綿毛についてお勉強。先生はSa Yokさん

太山寺原生林(観音山)_c0218841_13531045.jpg
太山寺原生林を望む ブロッコリーのような山容です。それには理由があるそうです。

太山寺原生林(観音山)_c0218841_13542133.jpg
ヤマフジが丁度見頃です。

太山寺原生林(観音山)_c0218841_13551140.jpg
原生林入り口です。沢山の石仏があり、手を合わせてから進みます

太山寺原生林(観音山)_c0218841_13552428.jpg
石仏の足元にエビネが咲いていました

太山寺原生林(観音山)_c0218841_13553584.jpg
常緑樹林を見上げると大きなホールが開いています。倒木によって広がったホールだそうです

太山寺原生林(観音山)_c0218841_15062495.jpg
今日の植物のガイドさんはSa Yokさんで手書きのフリップを使って説明して頂き、とても解りやすい。ここは常緑樹の森で大きな空間となっています。

太山寺原生林(観音山)_c0218841_14004224.jpg
白い凝灰岩の層が現れています。戦場としてこの谷を掘った時に現れたもので、かつて神戸が湖の底だった事が判ります

太山寺原生林(観音山)_c0218841_14005093.jpg
その説明中

太山寺原生林(観音山)_c0218841_14010271.jpg
フリップを使っての説明

太山寺原生林(観音山)_c0218841_15021378.jpg
次はウラジロとコシダの違いについて、クイズもありました。

太山寺原生林(観音山)_c0218841_14014828.jpg
南斜面の植生はウバメガシが主です。山肌が崩れてあちこちで擁壁工事がされています

太山寺原生林(観音山)_c0218841_14044592.jpg
その後、太山寺摩崖不動明王を見に行きました。鎌倉時代後期の作とされている

太山寺原生林(観音山)_c0218841_14050031.jpg
県指定文化財 三重塔 新緑が綺麗です ここで昼食 太山寺のガイドはK Sakさん

太山寺原生林(観音山)_c0218841_14051278.jpg
本堂内部 1月7日になるとここで追儺式が行われます

太山寺原生林(観音山)_c0218841_14052363.jpg
皆で記念写真

太山寺原生林(観音山)_c0218841_14054147.jpg
赤い橋を渡って奥の院に向かいます。

太山寺原生林(観音山)_c0218841_14055042.jpg
赤い帽子に苔が生えてとっても可愛いお地蔵さま。手には数珠と五鈷杵を持っておられます。

太山寺原生林(観音山)_c0218841_14060134.jpg
学園都市駅まで歩いて帰ります。途中、ムベの花と見事なヤマフジが咲いていました。

太山寺原生林(観音山)_c0218841_14385198.jpg

太山寺原生林、初めて行きましたが、手つかずの自然はとても気持ちの良い所でした。又、植生等の説明を聞いて今まで気づかなかった事、何気なく見過ごしていた事を知る事が出来て参加して良かったです。

報告 F Yam
写真 S Kot, F Yam




by manaty078 | 2022-04-24 14:59

西神戸山の会 例会報告
by manaty078
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

ファン

ブログジャンル