人気ブログランキング | 話題のタグを見る

例会報告

裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』

実施日:2022年9月24日(土) 曇りのち晴れ
参加者:CL:Ka.Kan SL:Kat Miw N.Tak Goh M.Kan Sa.Yok  7名
コース:神鉄大池9:00 石楠花谷入口9:20 釜滝10:30 11:45ランチ12:20 ダイヤモンドポイント13:30 アイスロード13:55 六甲ケーブル下15:15

お天気に恵まれて、神鉄大池駅を出発しました。小さな案内板は・草に埋もれていました。
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_22340914.jpg

ヘルメット・ハーネス着用、沢靴にはき替えて、準備OK。昨日の雨で、石楠花谷の水はたっぷり!! 気持ちいいです。ジャブジャブ進みます。
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_22341328.jpg

慎重に、滑らないように、落ちないように、みんな真剣です。
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_22341848.jpg

サブリーダーが、スリングを設置。順番にそれを頼りに向こうの岩をめがけ試行錯誤です。ドボンしたり、跳んだり、みんな渡れました。難関突破しました。
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_22342220.jpg

ゴルジュの滝です。
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_17334685.jpg

一歩一歩確かめながら・・・こんなところも登ります。
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_22342690.jpg

ここは、ザイルを持ちながら体を岩から離して降りていきました。高さ15m?位あるでしょうか。
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_22342938.jpg

釜滝に到着です。笑顔がまぶしいです。ここは、それぞれ思い出のある場所です。
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_22353760.jpg

巻き道で、「こんなところに咲いてる」 ヤマジノホトトギスを見つけました。
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_22353293.jpg

分岐点に到着しました。ここでヘルメット・ハーネス・沢靴から解放されて、ランチです。少しでも荷物を軽くしたいので、ぼとぼとの靴下は思い切り絞りました。
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_23332508.jpg
倒木の下をくぐったり、越えたりしながら登ります。
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_22350203.jpg

今年初めてのコウヤボウキに出会いました。これから次々咲きますね。
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_22350417.jpg

最後の滝かな? まだまだ次々現れます。滝を横目に見ながら・・・沢靴の方が歩きやすかったなあ?
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_22351220.jpg

地獄谷西尾根に合流しました。ダイヤモンドポイントを目指します。
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_22350617.jpg

アイスロードに入ると、秋の草花がつぎつぎ目を楽しませてくれます。たくさん咲いていたユウガギクです。舌状花が細いです。
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_22351670.jpg

たくさん歩いて最後のトンネルです。滑らないように!
裏六甲 秘境の谷 『石楠花谷』_c0218841_22354350.jpg
 無事に六甲ケーブル下に到着しました。変化のあるコースで、スリル満点、楽しかったです。来年も歩きたいですね。

報告 Sa.Yok




# by manaty078 | 2022-09-25 00:20

柏尾谷池周遊

実施日:2022年9月17日(土) 曇り一時少雨
参加者:CL:Sa.Yok SL:Miw H.Kot S.Kot Tor Ku.Kan Sak Miz Kin N.Tak Fuk M.Nak 12名
コース:神鉄花山駅9:30 10:45鰻の手池 柏尾谷池12:00ランチ12:30  谷上駅14:00

台風の影響を心配しましたが。少し気温が下がり風もあり歩きやすい日になりました。
花山駅で下車するの初めての方もいらっしゃいました。駅を出て、階段を登るともう山道に入れます。足元に秋の草花が咲いています。ゆっくり見ながら歩きました。

何これ? ツチアケビの実です。腐生植物で3㎝程の花をたくさん付けるランです。1つの実の中では1万数千個の種が入っています。残念ながら食べられません。
柏尾谷池周遊_c0218841_17360724.jpg

ヒガンバナもお出迎え
柏尾谷池周遊_c0218841_17361304.jpg

ゆるい登りを進みます。時々の風が心地いいです。
柏尾谷池周遊_c0218841_17363679.jpg

丹生山系の縦走路に出てきました。広くて歩きやすいですが、時々大きな水たまりが・・・バイクのタイヤ跡ですね。
柏尾谷池周遊_c0218841_17364655.jpg

ツクシハギが見事です。「ハギにも色々あるんやね」
柏尾谷池周遊_c0218841_17373401.jpg

クリも見つけました。イガイガがみずみずしい緑色です。
柏尾谷池周遊_c0218841_17365297.jpg

舌状花がまばらにつく、シラヤマギク! 背が高く風に揺れていました。シロヨメナも咲いていました。
柏尾谷池周遊_c0218841_17373890.jpg

ゴルフ場への舗装道路に出ると、間もなく鰻の手池です。いけの周りのススキとフジバカマ?ヒヨドリバナ? 秋色に染まっています。
柏尾谷池周遊_c0218841_17381600.jpg

アキアカネが、じっとしていました。きれいですね。
柏尾谷池周遊_c0218841_17382852.jpg

池の傍と道路沿いに、ツルニンジン発見! よく見ると、おしべが花びらにくっついています。みんなでのぞきこみました。蕾がたくさんついています。ツルリンドウにもお目にかかりました。
柏尾谷池周遊_c0218841_17374617.jpg

背の高いオトコエシが、並ぶように道沿いに。男郎花と書きます。草姿が強壮なので、女郎花 オミナエシと対比して名付けられたとか・・・
柏尾谷池周遊_c0218841_17420939.jpg

下り坂を進むと柏尾谷池が、見えてきました。女郎花・オミナエシが優しく咲いています。
柏尾谷池周遊_c0218841_17380276.jpg

そして今日のお目当のサワギキョウです。たくさん咲いていました。水辺に咲くキキョウの様な花の色と名付けられたそうです。みんなで見られて感動です。未の刻に咲くと言われているヒツジグサも1つ見つかりました。向こうの方にも咲いているのが見えています。
柏尾谷池周遊_c0218841_17382419.jpg


こんな美しい秋の風情に触れながらのランチ&ニッコリ笑顔
柏尾谷池周遊_c0218841_17383920.jpg

雨がぽつぽつ・・・しばらくして止みました。あーよかった。
後半はミステリーコースの予定が、本当にミステリーになってしまい、ゴロゴロ道の谷山川は下れませんでした。またの機会にします。舗装道に別れを告げ、再度最後の山道に向かいます。同じ場面の写真とは思えません・・・雰囲気違いますね。Tさんありがとうございます。
柏尾谷池周遊_c0218841_17390530.jpg
柏尾谷池周遊_c0218841_17390822.jpg

気持ちよく谷上駅に到着しました。秋の草花にたくさん出会えました。ゆっくり歩きの良さですね。熱心に写真を撮ったり・メモしたりされていました。気づきがたくさんありました。たくさん笑って・お喋りして楽しい例会になりました。カキノハグサ・サギソウ等の群生が見られるコースですので、また来年一緒に歩きたいです。
季節がよくなる秋、例会でお会いしましょう。楽しみにしています。

報告 Sa.Yok





# by manaty078 | 2022-09-17 19:34

幻のドントリッジ

実施日:2022年9月10日(土) 晴
参加者:CL:Kat・SL:M Kan・ Gou・ Ham・Uem・Yab・MIz・Sa Yok・Nak (9名)
コース:新神戸9:00 ~ 市ケ原10:00 ~ 高雄山11:00 ~ 南ドントリッジ ~ 分水嶺越分岐11:35 ~ 北ドントリッジ入口~森林植物園13:00 ~ 山田道14:10 ~ 谷上15:15


まだまだ残暑は厳しいですが、夜中の雨も上がり、久しぶりの高雄山 ~ ドントリッジへ いざ 出発。
今朝の布引の滝はそこそこ水量がありました。

幻のドントリッジ_c0218841_15512932.jpg

水源地も満々と水をたたえています。かつて見た金色のスッポンは何処へ?
今日も現れませんでした。

幻のドントリッジ_c0218841_16000339.jpg

高雄山に登るコースはいくつかあるが、今日のコースは急登ではなく、少し緩やかなコースからの登りだったので、ホッとする。
幻のドントリッジ_c0218841_16171444.jpg

エンヤコラ‥‥‥‥高雄山の登りです。昨夜の雨で湿りけがあり意外と歩きやすい。
幻のドントリッジ_c0218841_14555279.jpg

幻のドントリッジ_c0218841_15125865.jpg

幻のドントリッジ_c0218841_17042447.jpg

幻のドントリッジ_c0218841_17060986.jpg

やっとこさ 頂上に着きました。
幻のドントリッジ_c0218841_16460051.jpg

高雄山 山頂にて全員集合 今日はリーダーを除くと女性ばかりです。
幻のドントリッジ_c0218841_16435749.jpg

幻のドントリッジ_c0218841_15330472.jpg

南ドントリッジを下って来た所に萩がたくさん咲いていました。
幻のドントリッジ_c0218841_15422251.jpg

北ドントリッジ入口の正式な道標はなく、古い朽ちかけたガードレールに誰かが手書きで北ドントリッジと書いたものです。
さあ、ここが入口。今から本日の核心部、幻の「北ドントリッジ」です。
幻のドントリッジ_c0218841_15561311.jpg

幻のドントリッジ_c0218841_15564756.jpg

幻のドントリッジ_c0218841_15570461.jpg

幻のドントリッジ_c0218841_15572197.jpg



やっと 13:00 森林植物園に到着。長谷池の黄色いアサザと、ピンクと白の睡蓮がお出迎え。
昼食後、池をバックに皆で写真をパチリ。


幻のドントリッジ_c0218841_15574693.jpg


幻のドントリッジ_c0218841_15581798.jpg


園内で弓削牧場のソフトクリームを食べて疲れを癒し、山田道から谷上駅へと向かいました。
アップダウンのきついコース お疲れさまでした。

途中で見かけたキノコです。どなたか名前を教えて下さい。

幻のドントリッジ_c0218841_16274905.jpg
幻のドントリッジ_c0218841_16272528.jpg
幻のドントリッジ_c0218841_16264720.jpg
幻のドントリッジ_c0218841_16254501.jpg
報告:Nak
写真:Kat / Nak




# by manaty078 | 2022-09-12 17:44

裏六甲の秘境 逢山峡 遡行

実施日 2022年9月9日(金)
参加者 10名 CL:ka.kan SL:S.Yam S.Ike M.Kan Sa.Yok N.Tak M.Ike S.Ham N.Kit S.Miw
コース 神鉄有馬口9:00~東山橋9:20~不動滝10:20~鍋谷の滝10:55~猪鼻の滝11:30~猪鼻橋12:00~神鉄有馬口13:00

夏はヤッパリ沢登りが最高です。この谷は水量の多さでは六甲では最高。
駅から南へ踏み切りを渡り、農村を道なりに歩く、山王神社に着く。沢登り安全祈願をお祈りしました。
東山橋を降りて入渓です。 山王神社では鳥居の上部へ小石をなげて、乗れば祈願達成という。本当の話し?
裏六甲の秘境 逢山峡 遡行_c0218841_14025306.jpg

小滝・滑滝をクリアー。沢登りの醍醐味が味わえます。
裏六甲の秘境 逢山峡 遡行_c0218841_14022532.jpg
不動滝に到着しました。人工と自然のミックスした堰堤です。 
裏六甲の秘境 逢山峡 遡行_c0218841_14065861.jpg
この滝はどこから登るんですか? 向かって右が左岸という。呼名は下流に向かって左側を左岸、右側は右岸といいます。
  
裏六甲の秘境 逢山峡 遡行_c0218841_14082984.jpg
鍋谷の滝です。三段の滝で構成しています。
裏六甲の秘境 逢山峡 遡行_c0218841_14014227.jpg
その後、ゴルジュの滝に向かう。林道から何本かの下降路があります。1本間違えて降りたらゴルジユの滝の上部に出ました。危ないので引き返します。
裏六甲の秘境 逢山峡 遡行_c0218841_14021006.jpg
最後の猪鼻の滝です。雨も本降りとなり、水量も多いので登るのを断念しました。又の機会に登りましょう❓
報告/K,Kane  




# by manaty078 | 2022-09-11 15:48

クリーンハイク・塩屋から板宿

実施日:2022年9月4日(日) 晴れ
参加者9名 CL: Sak SL:Hor K.Yam F.Yam Mat K.Takt Sa.Yok H.Kot S.Kot
コース:9:30山陽塩屋駅ー10:30須磨浦山上公園ー11:10鉄拐山ー11:30おらが山ー11:50高倉台ー13:00のじぎくの丘ー14:00東山ー15:00板宿八幡神社ー15:15板宿駅

 猛暑がぶり返したこの日、意を決して集まった9人の侍、いや、山の会会員、汗だくになりながらクリーンハイクに出発です。


クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22190498.jpg
最初の急登、カクレミノとヤマモモの道を進みます

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22203658.jpg
時折吹く風が心地良い

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22220853.jpg
この道はごみはあまりありません

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22224673.jpg
植物の観察もしながら進みます  この木は? カクレミノです  こんな大木になるのですね

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22240630.jpg
まだまだ元気いっぱいです

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22245997.jpg
こんな絶景が望めました 空気が澄み切っています

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22255856.jpg
須磨浦山上公園に着きました 噴水の水が抜いてあります 老朽化のため存続が難しいということらしいですが、何とかならないものでしょうか

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22285144.jpg
旗振山からの眺めも今日はこのとおり、くっきりと

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22300783.jpg
気持ちのいい海です

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22312747.jpg
この写真のために鉄拐山に頑張って登りました 

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22323298.jpg
おらが山からの景色にしばし見とれます

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22331885.jpg
鉄の階段を避けて右の道を降ります

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22340700.jpg
高倉台でごみのまとめをします  可燃ごみ、不燃ごみ、それぞれ1キロぐらいです

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22353051.jpg
縦走路を進みますが、ここからバリエーションルートです

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22361949.jpg
400段階段は登りません

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22364837.jpg
のじぎくの丘下の東屋で小休止

クリーンハイク・塩屋から板宿_c0218841_22374991.jpg
背山の散策路を進み、東山への急登を経て、板宿八幡神社、板宿駅へと向かいます


 この後三々五々、家路を急ぐ人、喫茶店で休む人、そしてお目当てのビールにあり付く人と様々でした。皆さんお疲れ様でした。今日は暑くて少々ばてましたが、来月の紅葉谷クリーンハイクは涼しいはずです。どうぞ奮ってご参加ください。

Posted by S.Kot




# by manaty078 | 2022-09-04 22:47

西神戸山の会 例会報告
by manaty078
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

最新の記事

ファン

ブログジャンル